日経電子版読者に「日経xwoman」割引料金を開始

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 30代の壁、私はこう乗り越えた
  4. 金井芽衣 「女なのに起業」の偏見 はね返した転機
30代の壁、私はこう乗り越えた
30代の壁、私はこう乗り越えた

金井芽衣 「女なのに起業」の偏見 はね返した転機

30代を前に起業して直面した「見えない壁」 乗り越えて理想のパートナーと結婚

勢いで突っ走れた20代をすぎ、30代は責任や役割が増え、突然キャリアの壁がそびえ立つ――。そんな誰しもが経験する30代の壁を乗り越えるにはどうすればいいのか。さまざまなロールモデルを提示し、解決策を探ります。

30代の壁、私はこう乗り越えた

キャリア設計支援のパーソナル・トレーニングサービスを展開する、ポジウィル代表の金井芽衣さん。30代を前に起業すると、周囲から「女なのに起業?」という理不尽な視線を浴びたという。自分らしいキャリアを諦めないための、人生のパートナーの見つけ方とは?

父の言葉に涙した20代

 「キャリアは後戻りできないよ。チャンスが目の前にやってきたなら、悔いが残らないよう全力で挑戦すればいいと思う」

 27歳で起業後、初めての資金調達を考え始めたころ。少し不安だった背中を押してくれた、父の言葉だ。東京・新橋の街中で電話をかけ、将来について相談したときのことだった。まっすぐな応援が心強かったのを、今でも覚えている。「そうだよね、全力でやる!」。そう宣言しながら、涙があふれてくるのを止められなかった。誰に何と言われたって、事業のために人生を懸けることはもう、決めていたはずなのに。

 「父はたぶん、私のことを『女の子だから、女性だから』という目では全く見ていなかったと思います。だからこそ、結婚や出産のことは持ち出さずに、対等なビジネスパーソンの一人として、『今はチャレンジすべきだよ』と助言してくれました。自分でもびっくりするくらい泣いてしまったのは、父のような言葉をかけてくれる人が、周囲にほとんどいなかったからかもしれません」

「起業以来、仕事を通して実現しようとしていることこそ、人生の使命だと思ってやっています」
「起業以来、仕事を通して実現しようとしていることこそ、人生の使命だと思ってやっています」

 30代前後になると、スキルや経験値が蓄積されてきて、仕事の裁量が増えたり、やりがいを実感できるようになってきたりする。転職や独立などキャリアアップへの意欲も高まる。それなのに、多くの女性たちはいまだに、世間からのこんな視線を浴びなければならない。

 「結婚は?」「出産は?」「女が仕事を頑張り『過ぎる』のは、どうなの?」

 会社員時代から、30歳前後の先輩女性たちが「(結婚に)行き遅れてるね」などと同僚に揶揄(やゆ)される場面をしばしば目にしていた。「ネタにされるのが嫌」で、20代で結婚したいと考えていた時期もある。でもそのタイミングでは、最高のパートナーと思える相手は見つからなかった。「自分のペースでいいよね、と考えてはいました」と金井さん。しかし、起業というチャレンジに臨む中で、思いもよらない言葉の数々を浴びたという。

 「起業するというだけで口々に『結婚できなくなるよ』『女として終わりだね』と言われたり、婚活の場などで男性から『社長はちょっと……』と露骨に距離を置かれたり。驚いたし、落ち込みました」

金井さんは、どう「壁」を乗り越えたのか?
金井さんは、どう「壁」を乗り越えたのか?
2021年5月に入籍。自分にとっての「最高のパートナー」を見つけるためにつづったノートの一部も公開します
2021年5月に入籍。自分にとっての「最高のパートナー」を見つけるためにつづったノートの一部も公開します
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります