日経doors

田中彩諭理「困った」から課題発見、解決のための行動は

田中さんの「課題発見 → 手順・実行 → 解決・新たな課題発見」のプロセス。自分が不便だと思う身近なことが課題発見の入り口だった
閉じる