1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 不妊治療とキャリアのリアル
  4. 谷内侑希子 約2年の不妊治療を乗り切る夫婦の関係性
不妊治療とキャリアのリアル
不妊治療とキャリアのリアル

谷内侑希子 約2年の不妊治療を乗り切る夫婦の関係性

治療・仕事の両立の工夫 パートナーとの知識や熱量の差を埋める方法

近年、不妊治療経験を告白する著名人も増えてきた。身近に感じ始めた読者も多い。とはいえ、不妊治療をする6人に1人が離職するというデータもある。「もし自分が不妊治療をすることになったら、何が必要でどう変わるのか」。もしも子どもができなかったら…?という視点も含め、不妊治療とキャリアの両立のリアルを探る特集。

不妊治療とキャリアのリアル

2020年、36歳のときに女性特有の体の変化をサポートするフェムテック企業・WRAY(レイ)を立ち上げた谷内侑希子さん。28歳で第1子を出産後、不妊治療を経験し33歳で第2子を出産。治療と仕事の両立の工夫やパートナーとの関係性を育てる方法について話を聞いた。

谷内さんのInstgramのフォロワー数は約2万5000人。ぶれない人生観や飾らないライフスタイルが多くの支持を集める
谷内さんのInstgramのフォロワー数は約2万5000人。ぶれない人生観や飾らないライフスタイルが多くの支持を集める

 WRAY代表の谷内侑希子さんは、結婚・出産といったライフステージの変化の影響も受けながら、外資系企業勤務やスタートアップ企業の取締役、社会問題の解決を目指した起業などのキャリアを切り開いてきた。30代前半には、約2年間の不妊治療も経験した。

 「体質に合う治療法が見つからず、心身の負担に悩んだ時期もありました。でも、それが理由で仕事を辞めたいと思ったことはありません。もし仕事を辞めて妊娠できなかったらもっと後悔すると思いました」と振り返る。

 働きながらの不妊治療で一番大変だったことを聞くと、「通院時間の確保」と即答する谷内さん。谷内さんの場合、自宅・職場からの利便性と治療方針を軸に病院を探したが、第2子のときは治療内容に対応したクリニックが限定され、当時の待ち時間は約2時間。1~2週間おきの通院が必要な時期もあり、時間の捻出に毎回苦労したという。

 20代で妊活を始めた当初は、妊活に関する知識は夫婦ともにほぼゼロからのスタート。2人の知識や熱量に大きな差が出ないように、パートナーと日常的に情報共有をし、不妊治療の現状や治療のステップアップ、治療中の心身の状況などもその都度話し合いながらさまざまな壁を乗り越えてきた。

 次からは、不妊治療と仕事を両立するために谷内さんがした行動や、パートナーとのギャップを埋める工夫、治療が思うようにいかないときの心の持ちよう、不妊治療をする前にしてよかったことについて詳しく紹介していく。

<谷内さんが実践した、パートナーとのギャップを埋める行動>□妊活を考え始めた早い段階から、夫婦で日常的に情報共有した/□まず、自分で調べる。○○のではなく、○○をパートナーに伝えて自分で調べてもらい、正しい知識を得てもらう/□自分との○○段階で、お互いに本音で話し合う/□治療期間中、○○がある可能性をパートナーに伝えておく/□○○について、目安を話し合っておく
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります