1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 忙しくても成果を出すあの人のタイパ力
  4. 4つの仕事こなすパラレルワーカー 鍵は移動時間の活用
忙しくても成果を出すあの人のタイパ力
忙しくても成果を出すあの人のタイパ力

4つの仕事こなすパラレルワーカー 鍵は移動時間の活用

アナウンサー、話し方教室講師、広報、マーケティング・・・すべての仕事が相乗効果

限られた時間でリターンを最大化するために問われるのがタイパ(タイムパフォーマンス)力です。タイパ力を鍛えれば、やるべきことは効率的に短時間で終わらすことができ、自分の好きなことに時間を割くことができます。そこで、タイパ力の達人のノウハウや専門家の知見をご紹介します。

忙しくても成果を出すあの人のタイパ力

アナウンサー、話し方教室講師、広報、マーケティングという4つの仕事を手掛ける高田桃衣さん。隙間時間を上手に活用することでストレスなく4つの仕事を同時並行で進められているといいます。そんな高田さんの24時間の過ごし方、タイムパフォーマンス術について余すことなく教えてもらいました。

4つの仕事をこなすパラレルワーカー

 「アナウンサー」「企業の広報担当者」「話し方教室の講師」「企業マーケティング」と、4つの仕事をこなすパラレルワーカーの高田桃衣さん。この働き方にたどり着いたのは、コロナ禍がきっかけでした。

高田桃衣さん
高田桃衣さん
「アナウンサー」「企業の広報担当者」「話し方教室の講師」「企業マーケティング」の仕事をこなすパラレルワーカー

 大学を卒業後に観光バスを手掛ける「はとバス」で宣伝広報活動を3年間務めた高田さんは、その後アナウンサー事務所に所属。フリーのアナウンサーとしてさまざまな経験を積む日々でしたが、コロナ禍のあおりを受け仕事が激減してしまいます。

 突然訪れた不測の事態に落ち込むものの、2020年の5月には約5年在籍したアナウンサー事務所を退所。すぐに「自分は何ができるだろう?」と考え、前向きに行動を開始します。

 まず高田さんが実践したのは、頭に浮かんだ考えを書き出すこと。ノートに「自分が得意としているもの」「これから学びたい・身に付けたい分野」「最終的な目標」などを書き出していった結果、「自分はパラレルワークという働き方が向いている」との結論に到達します。

 限られた時間の中で、パラレルに仕事をこなし成果を出すために、高田さんはどのようなタイムパフォーマンスを心がけているのでしょうか。何を選び、何を省いていったのか。とある1日を追いながら、詳しく聞きました。

限られた時間の中でパラレルに仕事をこなし成果を出すために、どのようなタイムパフォーマンスを心がけているのでしょうか
限られた時間の中でパラレルに仕事をこなし成果を出すために、どのようなタイムパフォーマンスを心がけているのでしょうか
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります