【注意】日経BPのメディアサイトを巧妙に模倣した偽サイトが判明しました

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. 35歳転職限界説は本当? 30代転職 成功と失敗の分かれ道
  4. 人事が本音で語る30代転職 採用しないのはこんな人
35歳転職限界説は本当? 30代転職 成功と失敗の分かれ道
35歳転職限界説は本当? 30代転職 成功と失敗の分かれ道

人事が本音で語る30代転職 採用しないのはこんな人

採用担当者3人の座談会 30代転職「成功する人」「失敗する人」の違い

転職活動をする際、「35歳を超えてからの転職は難しい」といった言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか? 果たして「転職35歳限界説」は本当なのでしょうか?実はやり方次第で35歳以降の転職も不可能ではありません。30代の転職、成功の秘訣を経験者や専門家のアドバイスから探ります。

35歳転職限界説は本当? 30代転職 成功と失敗の分かれ道

30代で転職に成功する人と、なかなか内定をもらえず転職につまずく人との違いは何なのでしょうか? 人事担当者として中途採用に携わっている3人に、「30代前半と後半でチェックするポイントの違い」「採用したい人の特徴」「採用を見送る人の特徴」「職務経歴書や面接で確認すること」などを本音で語ってもらいました。

【座談会参加者】

五十嵐達哉さん

IT関連事業を展開するMCEAホールディングスで、グループ企業全体の採用を担当

榊原麻実子さん

再生医療関連の事業を手掛けるセルソースで、人事部の部長を務める

佐藤愛沙さん

医療系人材サービスやヘルスケアサービスを展開する、グッピーズの人事担当者

 まず、座談会に参加した3人の人事担当者が共通して語る「30代の採用ポイント」は、「20代と違って30代はポテンシャル(潜在能力、可能性)ではなく、『即戦力』として活躍できるかを重視する」という点。

 ただ、「30代前半と後半でも、採用したい人物像には違いがある」といいます。どのような違いがあるのでしょうか? また、「採用したい人」と「採用を見送る人」の違いは? 30代の転職で押さえておくべきポイントを紹介します。

30代前半と後半で、採用する際に見るポイントの違いは?
30代前半と後半で、採用する際に見るポイントの違いは?
30代で「採用したい人」には3つの特徴があります
30代で「採用したい人」には3つの特徴があります
30代で「採用を見送る人」にも3つの特徴があります
30代で「採用を見送る人」にも3つの特徴があります
職務経歴書を提出するときに注意すべき点は?
職務経歴書を提出するときに注意すべき点は?
採用担当者が面接でチェックするポイントも公開します
採用担当者が面接でチェックするポイントも公開します
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります