「自炊する余裕ナシ。朝食抜き、昼も夜もコンビニ」。そんなdoors世代のために、専門家による栄養視点のコンビニ食ランキングとコンビニ食で賢く栄養を取る方法を紹介! おにぎりとスープの第1位は? レジ横チキンは? 役立つ情報満載!

コンビニ食ランキング&選び方

「自炊する余裕ナシ。朝食抜き、昼も夜もコンビニ」。そんなdoors世代のために、専門家による栄養視点のコンビニ食ランキングとコンビニ食で賢く栄養を取る方法を紹介! おにぎりとスープの第1位は? レジ横チキンは? 役立つ情報満載!

 コンビニに行くと心引かれてしまうレジ横のホットスナック類。唐揚げチキン、焼き鳥、フランクフルト、おでん、中華まん……と幅広いラインナップだが、栄養的にはアリなのか。選ぶならどれがいいのだろう。そこで、管理栄養士でコンビニ外食研究家の浅野まみこさんと、女性専門パーソナルトレーナーの石本哲郎さんにレジ横商品選びのポイントを聞いた。

 コンビニ横のホットスナック類は、肉系メニューが多く、たんぱく質をとることはできるが、カロリーや脂質が気になるのも正直なところ。しかし、店内で加工し、直接販売するレジ横商品は、カロリーや脂質、たんぱく質量といった表示を行う義務がない。栄養成分などはホームページを確認するしかないのだ。人気のコンビニチキンも、各社で脂質やカロリーに意外と差があるので確認しておこう。

 「揚げ物で気になるのは酸化です。揚げ物は、時間がたつほど酸化が進むので、できるなら揚げたてを食べてほしい。いつ調理したものなのかを聞くのもいいでしょう」(浅野さん)。編集部で各コンビニの店頭リサーチをしたところ、1日の揚げ始めは、お昼のピーク時に合わせるコンビニが多かった。つまり、揚げたてを狙うなら、11時~12時くらいがオススメ。ピークを過ぎてからは、各店舗によって揚げる時間や数も異なる。ただ、事前に電話で予約すれば揚げたてを用意してくれるようだ。

 さらに、専門家二人によると、レジ横肉類のホットスナックの選び方には、ポイントが5つあるという。

レジ横肉類の選び方 揚げ物はできれば揚げたてを買う/揚げ物より○○、○○はできれば避けて、高たんぱく低脂質なのは? 焼き鳥は、○○のほうがカロリーは低い
レジ横のホットスナック肉類の選び方のポイントは5つ

 また、コンビニ3社のレジ横肉系メニューを、たんぱく質と脂質の指標でマッピングした。食べたいときの指標にしてほしい。

コンビニレジ横肉類をマッピング/ななチキ、Lチキ、ファミチキはどれがいい?
コンビニレジ横肉類をマッピング/ななチキ、Lチキ、ファミチキはどれがいい?

 後半は、これからの季節にうれしいおでんの選び方。一見おでんは、低カロリーで体によさそうなイメージだが、選び方によっては注意ポイントも。お薦めは6品!