1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
  4. 「転職=年収増」は正解ではない 転職後に活躍できる人
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」

「転職=年収増」は正解ではない 転職後に活躍できる人

大手転職エージェントが合う人、合わない人の転職法 入社前と入社後にやること

 転職活動を始めるとき、まずは転職サイトに登録し、次のステップで転職エージェントのキャリアアドバイザーと面談をして、求人を紹介してもらう人は多いだろう。

 「今すぐ転職したいわけではないけれど、とりあえず、大手の転職サイトやエージェントに登録だけしている」という人もたくさんいる。だが、中には、「大手のエージェントに登録後、求人を紹介してもらったけれど、なかなかうまく転職できない」と悩んでいる人もいる。

 小規模の転職エージェントとして、アシスタントからマネジメント職まで国内外の幅広い求人を紹介しているYouth Planet代表の堀田誠人さんによると「大手のエージェントで転職がうまく決まる人にはある特徴がある」という。

 その特徴は3つ。

「自分でやりたいことが明確にある人」
「行きたい企業を自分で判断できる人」
「面接が上手な人」
大手転職エージェントを使いこなせる人は、実は少ない
大手転職エージェントを使いこなせる人は、実は少ない

 「大手エージェントには、求職者が大勢相談に来ます。そして同時に、大量の求人企業も抱えている。そのため、キャリアアドバイザーが求職者の経歴をシステムに入力すると、あまたの求人が一覧で見られるのが最大のメリットです。ただ、そのメリットを生かせるのは、自分で自己分析をすることができ、『こんな仕事やこんな会社』を受けたいという軸がしっかりあって、面接でのアピールポイントを自分でつかめている人だけです。

 逆に、その軸が固まっていない段階で大手のエージェントを使って転職活動を始めてしまうと、やりたい仕事なのかどうかも判断できない状態で、何社も面接を受けることになり、後々しんどくなる人もいるようです」(堀田さん)

 しかも、堀田さんによると「転職エージェントの仕事は、キャリアアドバイザー個人の力に大きく依存している」という。

 キャリアアドバイザーが採用企業に信頼されている場合、書類選考を省いて進めることができたり、面接で落ちても結果を覆したりすることもできるというから驚きだ。

 自分でどんな転職をすればいいのか軸が定まっていない場合や、優秀なキャリアアドバイザーと出会うには、どうすればいいのか。

 次ページからは、エージェントとうまく付き合う方法や、転職を考えるときに年収をどう判断するのか、転職後に活躍できる人の特徴などについて、プロに聞いた具体的なアドバイスを紹介する。

会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります
まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

日経xwomanと日経電子版を2カ月間無料で体験いただけます。