【注意】日経BPのメディアサイトを巧妙に模倣した偽サイトが判明しました

  1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
  4. 大手を辞め、海外・職種転換を経て年収を上げた32歳
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」

大手を辞め、海外・職種転換を経て年収を上げた32歳

職種転換するにはコツがあった 大手からベンチャーまで行き来する転職術

 Hさん(32歳)は、これまでに3回転職を経験し、そのたびに業界や職種をうまくずらし、望むキャリアを実現してきた。今年の4月中旬から7月初旬にかけて行った3回目の転職活動でも、彼女はこれまでの経験を生かして将来性のあるベンチャー企業の内定を獲得し、年収アップを実現。希望のキャリアを手に入れている。

Hさんは4月中旬から3回目の転職活動をスタートさせ、7月初旬に内定を獲得。年収アップの転職に成功し、8月からAI技術を使った健康管理アプリ「カロミル」を開発するライフログテクノロジー(東京・中央)に勤務している
Hさんは4月中旬から3回目の転職活動をスタートさせ、7月初旬に内定を獲得。年収アップの転職に成功し、8月からAI技術を使った健康管理アプリ「カロミル」を開発するライフログテクノロジー(東京・中央)に勤務している

 まず、現職に至るまでのHさんの転職歴は下記の通り。

Hさんの転職歴

【新卒時】大手入社

・年齢:22歳~29歳
・業界:医療業界
・職種:営業(MR=医療情報担当者)
・会社:大手製薬会社

【転職1回目】大手から海外へ転職

・年齢:29歳~31歳
・業界:人材業界
・職種:営業
・会社:人材紹介会社のシンガポール法人

【転職2回目】営業から広報に職種チェンジ

・年齢:31歳~32歳
・業界:人材業界(医療分野)
・職種:広報
・会社:医師の人材紹介会社

【転職3回目】年収アップでベンチャー企業へ

・年齢:32歳(現在)
・業界:IT業界(ヘルスケア分野)
・職種:広報&営業
・会社:ライフログテクノロジー

8月からベンチャー企業に勤務

 新卒から29歳までは大手製薬会社に勤務し、約7年間営業(MR=医薬情報担当者)として活躍していたHさん。しかし、葛藤の末に転職を決意し、海外勤務を経験するために人材紹介会社のシンガポール法人に営業として入社。その後、帰国と同時に営業から広報への職種チェンジを果たし、医師の人材紹介会社で今年7月まで勤務。8月からは、AI技術を使った健康管理アプリ「カロミル」を開発するライフログテクノロジーで、同社の広報と営業を兼務している。

 大手から海外へ。営業から広報へ。そして年収アップでベンチャー企業へ。「転職をすることで『手持ちのカード』を増やしたいと思った」と語る彼女に、転職成功の秘訣や、希望の年収で転職をする秘訣などを聞いた。

Hさんが転職に成功した秘訣は、次のページから詳しく紹介します
Hさんが転職に成功した秘訣は、次のページから詳しく紹介します
Hさんはどのようにして年収アップを成功させたのか? こちらも次ページ以降から詳しく解説していきます
Hさんはどのようにして年収アップを成功させたのか? こちらも次ページ以降から詳しく解説していきます
希望の職種に就くための秘訣も公開します
希望の職種に就くための秘訣も公開します
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります