1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
  4. 転職して在宅勤務が可能に 1カ月短期決戦の27歳
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」
もっと稼げる人材になる!「転職の極意」

転職して在宅勤務が可能に 1カ月短期決戦の27歳

志望動機に苦しむも未経験職種にチャレンジし、希望の働き方へ

コロナ禍で転職を決意

 大手地方銀行で働いていた社会人5年目の橘川令さん(27歳/仮名)。新卒から法人営業として忙しい毎日を送る中、自分の仕事にモヤモヤしていた。

 「もともと、地元の中小企業に融資をして『企業を助けたい』という思いを抱いて銀行に入社しました。でも、私が勤めていた銀行は厳しい経営状況で、収益を上げるために、お客さんに保険や投資信託をたくさん売る必要がありました。銀行からお金を借りたいと言っているお客さんに、商品を買ってくださいとお願いすることもありました。ノルマもあったので、つらい状況でした」

「自分の仕事が地元企業のためになっているのか、分からなくなりました」
「自分の仕事が地元企業のためになっているのか、分からなくなりました」
橘川令さん(27歳/仮名)

【転職前】
・業界:銀行
・職種:法人営業
・仕事内容:企業へ資金の貸し付けや融資の提案

【転職後】
・業界:金融サービス
・職種:事務
・仕事内容:社内研修などの企画、開催に関する事務

 志を高く持って入社したものの、自分の仕事に違和感を覚えていた橘川さん。今年のコロナ禍が、転職を踏み切るきっかけになったという。

 「緊急事態宣言下でも窓口を開けるために出社していました。仕事柄仕方がないことだとは思うのですが、出社のために電車に乗るのも、営業の仕事で不特定多数のお客さんと接するのも、感染するリスクを考えると、正直怖かったんです」

 仕事へのモヤモヤを抱えたままでコロナ禍に突入し、在宅勤務ができない職場環境に不満が募っていった。そこで、橘川さんは3月から本格的に転職活動を始めた。まず、転職エージェントに登録し、4月上旬には今の会社に内定をもらったという。「辞めたいと思っていたので短期集中して頑張りました」

 「今の会社は、在宅勤務ができる働き方」という橘川さん。約1カ月という短い期間で、望む働き方をかなえた転職活動のプロセスを教えてもらった。

橘川さんの転職成功へのステップは次ページから詳しくお伝えします
橘川さんの転職成功へのステップは次ページから詳しくお伝えします
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります
まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

まもなく終了!初割キャンペーンは1/31まで

日経xwomanと日経電子版を2カ月間無料で体験いただけます。