1. 日経xwomanトップ
  2. doors
  3. ずっと活躍し続ける人が30でやめたこと&始めたこと
  4. 小室淑恵 産後すぐ起業 深夜のミスが生んだマイルール
ずっと活躍し続ける人が30でやめたこと&始めたこと
ずっと活躍し続ける人が30でやめたこと&始めたこと

小室淑恵 産後すぐ起業 深夜のミスが生んだマイルール

多忙を極めた先に始めたこと&やめたことで仕事の幅が拡大

いくつになっても自分らしいキャリアを築き、活躍し続けるためには、30代をどう過ごすかが重要なカギとなります。実際に30代後半、40代以降も最前線で活躍している女性に、30代で何をやめて、何を始めたのか、詳しく聞きました。

ずっと活躍し続ける人が30でやめたこと&始めたこと

末永く自分らしいキャリアを築き上げていくには、30代にどのように過ごしたがカギになります。では、40代になって活躍している人は、30代のうちに「何を始め」「何をやめた」のでしょうか。今回は、残業を減らして業績を上げる「働き方改革コンサルティング」の手法に定評があるワーク・ライフバランス代表の小室淑恵さんに話を聞きました。

出産直後に起業 多忙から生まれた「効率化」とは

 1000社を超える企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げる「働き方改革コンサルティング」の手法に定評がある「ワーク・ライフバランス」を2006年に立ち上げた小室淑恵さん。

小室淑恵さん ワーク・ライフバランス代表
小室淑恵さん ワーク・ライフバランス代表
1000社以上の企業へのコンサルティング実績を持ち、残業を減らして業績を上げるコンサルティング手法に定評があり、残業削減した企業では業績と出生率が向上している。「産業競争力会議」民間議員など複数の公務を歴任。2児の母。近著に『女性活躍 最強の戦略』(日経BP)、『小室淑恵の即効プレゼン術』(学研プラス)など

 内閣府や経済産業省などで、さまざまな公務を兼任しながら、全国各地での講演やメディア出演もこなし、30冊以上も著書を執筆するなど多忙を極める小室さんは、私生活では2児の母でもあります。

 小室さんが「ワーク・ライフバランス」を設立したのは31歳のとき。同じ年の4月に長男を出産。起業は、わずかその3週間後でした。

 起業と育児に奔走した小室さんが「30代で始めたこと」「やめたこと」とは何だったのでしょうか? さらに、「30代で始めておくべきこと」も聞きました。

<小室さんが30代でやめたこと>・○○の仕事)/→自身の失敗経験から、○○から○○の勤務時間外は「○○」「○○」ように社内のルールを決めた/・○○に家事を済ませておこうとしない/→夜は時間が際限なくあるので、つい明日のために家事をしがちだが、○○

 小室さんが始めたことは、生きていく上では欠かせないもの。けれど、私たちはついおろそかにしているときもあります。

<小室さんが30代で始めたこと>・しっかりと○○を確保すること/→子どもと一緒に、○○しまう。○○ても○○を優先/・○○がしっかりと取れていると、集中力もアップし、苦手・不得意な仕事も後回ししなくなった

 さらに、30代でしておくべきことも聞きました。「集中力が低下している」「複数のタスクがあると、苦手なものを後回しにしてしまう」など、仕事に対するモヤモヤを抱えている人は必見です。

<30代でしておくべきこと>・○○の戦略を立てること/→○○が充実すると、「○○」が高まり、「○○」が安定する/・自分の仕事を○○する/→タスクを書き出し、「○○」「○○ものはどれか」を1日の時間軸で○○組み立てていく。
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります