日経doors

加藤貞顕 フツーの人の正直な物語に僕が共感した理由

「確か最初は、大学生の頃に友人から借りて読んだのかな」。めくるページの紙は色あせていて、年季が入っている
閉じる