1. 日経doorsトップ
  2. キャリア
  3. わたしたちの「働く×産む」特集
  4. 杉山愛「40代出産も悪くない」キャリアを築き産む選択
わたしたちの「働く×産む」特集
わたしたちの「働く×産む」特集

杉山愛「40代出産も悪くない」キャリアを築き産む選択

身体的には20~30代で産むのが理想。でも、悔いの無いキャリアを歩むためには、そうとばかり言っていられないこともある

仕事は続けていきたいけれど出産はどうすればいい? 20代で母になるとは? 30~40代の不妊治療とは? さまざまな事例や年代別にいつか産むためにすべきこと、不妊治療のリアルを紹介します。

わたしたちの「働く×産む」特集

34歳までプロテニスプレイヤーとして活躍した杉山愛さん。現役選手としてのキャリアと、一人の女性としてのライフをどう選択したのか。ありのままの思いを語ってもらった。

左から夫の走(そう)さん、愛さん、ご長男(写真:本人提供)
左から夫の走(そう)さん、愛さん、ご長男(写真:本人提供)

 元プロテニスプレイヤーの杉山愛さん(45歳)は34歳で現役を引退し、36歳で結婚。当初から子どもを強く望んでいたが、不妊治療を経て、妊娠までに3年の歳月を要した。不妊治療中は「若いときから妊娠と向き合っていれば……」という葛藤があったものの、今は「精神的にも経済的にも安定した40歳の出産も悪くない」と思えるようになったという。

 そう思えるようになるまで、どのような過程を歩んだのか。プロテニスプレイヤーとして世界を舞台に活躍した20代、30代を経て、40歳で第1子を出産するまでの日々を振り返ってもらった。

杉山さんは34歳に現役プレイヤーを引退し、2年後に結婚。流産を経験し、不妊治療を開始。40歳で念願の第1子を出産。プロの現役テニスプレイヤーや引退後のキャリア構築と出産にまつわるストーリーは、次ページから!
杉山さんは34歳に現役プレイヤーを引退し、2年後に結婚。流産を経験し、不妊治療を開始。40歳で念願の第1子を出産。プロの現役テニスプレイヤーや引退後のキャリア構築と出産にまつわるストーリーは、次ページから!
仕事と結婚・出産を両立するための、愛さんならではの工夫とは?
仕事と結婚・出産を両立するための、愛さんならではの工夫とは?
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります
日経doors『まじめに本気で! 婚活アプリバイブル』発売

日経doors『まじめに本気で! 婚活アプリバイブル』発売

アプリのモヤモヤ、不安もスッキリ。幸せな出会いへの近道、教えます