1. 日経doorsトップ
  2. キャリア
  3. わたしたちの「働く×産む」特集
  4. 森本千賀子 不妊治療と流産を経て30代で2児の母に
わたしたちの「働く×産む」特集
わたしたちの「働く×産む」特集

森本千賀子 不妊治療と流産を経て30代で2児の母に

30代での出産は、20代での経験を価値に変えて大きな方向転換ができる

仕事は続けていきたいけれど出産はどうすればいい? 20代で母になるとは? 30~40代の不妊治療とは? さまざまな事例や年代別にいつか産むためにすべきこと、不妊治療のリアルを紹介します。

わたしたちの「働く×産む」特集

 オールラウンダーエージェントとして活躍するmorich代表の森本千賀子さんは、1993年にリクルート人材センター(現リクルートキャリア)に新卒入社し、リクルーティングアドバイザー(企業担当営業)として、入社1年目に営業成績1位、全社MVPを受賞したスーパー営業ウーマン。プライベートでは、同社在籍中の29歳のときに結婚し、33歳で長男、39歳で次男を出産している。

 仕事もプライベートも順風満帆。はた目からはそんなふうに見える森本さんだが、実は長男を出産してから、39歳で次男を授かるまでには、約1年半の不妊治療や、2度の流産を経験し、不育症と診断されていた過去があった。

 「出産が仕事の大きな転機となりました。出産を機に潔く方向転換をしたからこそ、さらなる飛躍ができたのだと思います」と語った森本さん。30代で出産することは、仕事にどのような影響を与えたのだろうか? 30代で出産し、仕事もプライベートも充実させる秘訣を聞いた。

森本千賀子(もりもとちかこ)
森本千賀子(もりもとちかこ)
1970年生まれ。独協大学外国語学部英語学科卒業。1993年リクルート人材センター(現リクルートキャリア)入社。入社1年目に営業成績1位。全社MVP受賞。受賞歴は30回超え。NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』に出演。2017年3月morich設立。転職エージェントとして採用支援、キャリア支援を中心に、NPO理事、社外役員、アドバイザー、キャリアメンター、講演、メディア出演、著書執筆など多方面で活躍中。日経doorsでは「森本千賀子の今こそキャリア婚!」を連載。2児の母の顔も持つ
森本さんは、30代で二人の男児を出産。しかし次男を授かるまでには、不妊治療と2度の流産を経験。それらの経験と、出産に伴うキャリアの変遷は次のページから!
森本さんは、30代で二人の男児を出産。しかし次男を授かるまでには、不妊治療と2度の流産を経験。それらの経験と、出産に伴うキャリアの変遷は次のページから!
仕事と育児を両立するためのポイントも伝授
仕事と育児を両立するためのポイントも伝授
会員登録で記事クリップやキーワードのフォロー、
My doorsの設定が可能になります
日経doors『まじめに本気で! 婚活アプリバイブル』発売

日経doors『まじめに本気で! 婚活アプリバイブル』発売

アプリのモヤモヤ、不安もスッキリ。幸せな出会いへの近道、教えます