5月13日、今までになかった全く新しいオンラインコミュニティ空間「日経xwoman Terrace(クロスウーマン テラス)」を開設しました。日経doors、日経ARIA、そして2019年8月からは日経DUALも加わり、読者とそれぞれのアンバサダーが自由に発言できる、風通しのいいデジタルプラットフォームを目指します。

 テラスには、3つの機能があります。
 1つ目は「アンバサダーブログ」です。20~50代のアンバサダー230人以上が大集結。アンバサダーは企業の経営者、起業家をはじめ、医師、弁護士、教師、作家、コンサルタント、フリーランサーなど多様な職業で、「平成生まれ」「海外在住」といったさまざまな視座に立つアンバサダーも大勢います。それぞれの立場で、日経doorsや日経ARIAの記事に対する率直な意見や感想をブログに自由につづっていただきます。まさに「ロールモデル大図鑑」で、同じテーマの記事でも、立場や経験、年齢によってこれほど捉え方が違うのかと、新たな発見があるでしょう。

 ブログの閲読は完全フリー。読者が登録会員になれば、お気に入りのアンバサダーを「フォロー」して、新着のブログがすぐ分かる仕組みも導入されています。アンバサダーブログから、つい読み漏らしていた日経doorsの記事を発見することもありそうです。

 2つ目の機能は「ラウンジ」。有料会員だけが読んだり書いたりできるオンライン会議室です。クローズドなスペースなので、人の目を気にする必要がなく、記事を話題にしながら質の高い情報交換ができるでしょう。第1回のテーマは、ずばり「日経doorsオフ会開催します! どんな会にしたい?」です。みんなで集まるなら、どんな場所で何をしたいか、誰を呼んで話を聞きたいか、なんでもOKです。編集長の鈴木陽子、担当編集者、アンバサダーを交えて大いに盛り上がりましょう。いただいた意見をもとに、有料会員限定のオフ会「doors会(仮)」を開催したいと思いますのでお楽しみに!

 最後に「フォーラム」です。こちらは閲読フリーのオンライン会議室で、日経doors、日経ARIAの登録会員なら書き込みができます。最初のテーマは、日経doorsで現在展開している特集記事で「日経doors企画・私の「活躍の場」はここだ! 皆で考えよう」。ここでの意見交換が、新たな活躍の場の発見につながりそうです。

 日経xwoman Terraceを通して、日経doorsをより深く濃く楽しんでいただけるよう、さまざまな企画、学びや出会いの場を提供していきます。ご期待ください。

内田久貴(日経xwoman開発長)

日経xwoman Terraceのトップ画面と、アンバサダーブログのトップ画面。200人を超えるアンバサダーが日経doorsなどの記事についてブログを執筆し、読者はそれをフリーで閲読できる
アンバサダーの一覧画面。五十音順に並び、日経doors、日経DUAL、日経ARIAどのメディアに近い人かを表示分けしたり、経営者など属性別に絞り込みも可能
読者が書き込めるオンライン会議室は、有料会員限定の「ラウンジ」と、無料登録会員も参加できる「フォーラム」を用意する