仕事における集中力アップと効率化は、永遠の課題といえます。自分だけでできることと、周りの人たちとの関わりの中でできること、その2つの視点がありそうです。働く女性の皆さんは、仕事の効率化について、普段どんなことを考え取り組んでいるのでしょうか。「なるほど」と思える回答がたくさん寄せられました。

朝からフル稼働で仕事が速い人っていますよね! (C) PIXTA
【調査概要】
求人情報サイト「エンウィメンズワーク」上でアンケート
◎調査期間:2017年7月25日~8月28日
◎有効回答数:女性398人

今の仕事は「効率的に働けていない」人が約5割

 まず「今の仕事は効率的に働けていますか?」と尋ねたところ、「はい」と答えた人は52%でした。およそ半数が「効率的に働けていない」と考えていることが明らかとなりました。

今の仕事(離職中の人は前職)は効率的に働けていますか?

効率化に効果的なのは「優先順位」「情報共有」「コミュニケーション」

 仕事の効率化につながっていると思うことを聞きました。

仕事の効率化につながると思うことは何ですか?(複数回答可)

 最も多かった回答は「優先順位をつける」(71%)でした。続いて「情報共有」(67%)、「コミュニケーションの活性化」(57%)、「業務指示の明確化」(54%)は、5割以上の人が効率化につながると考えているようです。

 効率化について、具体的な声を見ていきましょう。