気持ちがうるおう、自分へのフンパツご褒美!

 頑張った自分へのご褒美に、思い切って高価な品を買ったという人も。憧れのブランド品やホテルなど、自分の好きなもの、欲しいものがはっきり分かっていることって大事ですね。

買う時も買った後も……心が満たされるご褒美ショッピング (C) PIXTA

エルメスのバッグ、本革の「ガーデンパーティー」です。今まで頑張ってきた自分へのご褒美に、何年も前から検討していたバッグをついに購入。欲しかった色があり、運命だと感じました。このバッグを使うことで、モチベーションが上がります。(37歳、金融・証券・保険、一般事務)

ケイト・スペードのバッグ。ご褒美に買いました。(27歳、商社・卸・流通・小売り、総務)

自分へのご褒美で、カシウエア アール イーの枕カバーを購入。家に帰り、くつろぐのが日々の楽しみになりました。(30歳、製造業、経理・総務)

箱根にある「山のホテル」のスパ付き宿泊プラン。かなり奮発したけれど、自分へのご褒美です。(38歳、その他サービス、企画)

お値段以上に満足できた掘り出し物

 高額商品をご褒美として購入することで充足感を得ることもありますが、一方で、日常的に手に入る身近な品を挙げる人もたくさんいました。コストパフォーマンスの良い掘り出し物で大満足!

コーセー「雪肌精」のCCクリーム。産後の荒廃したお肌をスーッとカバーして、生きる希望を与えてくれた“神クリーム”です。2600円くらいでした。(29歳、その他サービス、接客)

イトーヨーカドーで、プライベートブランド「Kirei」のポインテッドトゥーパンプスを買いました。とても気に入って2016年に3足購入。お値段は6000円ほどとお手頃なのに、まったく靴ずれせず歩きやすい! 働く女性全員に教えてあげたいです。(23歳、その他サービス、営業・企画)

サーモスの真空断熱フードコンテナー。約2000円でした。お味噌汁やスープをサーモスに入れてランチで食べるのですが、6時間経過しても舌がやけどするぐらい熱々のままです。朝の準備は、前日の夜に残しておいたものを温めて入れるだけ。ランチを作る手間が省けて一石二鳥です。(30歳、IT・通信、広報)