今はまっているキャラクターや著名人はいますか。「グッズを持っているだけで癒やされる」「イケメン俳優は目の保養」などはまる理由はさまざまのようです。中には職場のイメージとは違う意外なものに“ドはまり”しているケースも。気になる読者事情をアンケート調査してみました。

(◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施、調査期間:2017年1月3日(火)~1月31日(火)、有効回答者数581人)

大人になってもまだまだはまるキャラクター

 子どもの頃から心くすぐられるキャラクターっていませんか。「集めるだけで心が満たされる」と大人になってもグッズを集める人は多いようです。

かわいいキャラクターに囲まれると安心 (C) PIXTA

大人になっても女の子らしいキャラに萌え~

 アンケートで支持率が高かったのは女の子らしいキラキラ系キャラ。特に子どもの頃から人気のあるサンリオの有名キャラクターは根強い人気のようです。女性はいくつになっても、気持ちは「女の子」なんですね。

「キキララちゃん(リトルツインスターズ)が大好きです。癒やしを求めて、文具やキッチン用品、果てはパジャマまでそろえています。家の中だけなので、外ではピンクが好きな人というイメージはないかと思いますが…」(31歳、製造、技術職)

「マイメロディ。自分が何歳になっても、とにかくかわいいと思います」(35歳、建設不動産、経理)

「キティちゃんが好きで、キーホルダーや卓上カレンダー、デスクトップ画像など、キティちゃんグッズを使っています。仕事で疲れていても、見るとほっこりして気分転換になります」(41歳、商社、SE)

「追っかけではないですが、セーラームーンがドンピシャ世代で隠れファンです! 25周年記念でたくさんのグッズが販売されましたが目立たないところで集めています(笑)。ネイルシールも自前で準備してしっかりアートしてもらいました。ネイルは外せないので、隠れファンであることが周囲にバレバレでした」(34歳、サービス、営業)