「貯蓄を増やしたい」というのは、みんなの願いでしょう。では、お金が貯まる人とそうでない人は、日々の行動にどんな違いがあるのでしょうか。「25歳以上36歳未満で未婚」かつ「年収300万円以上500万円未満」という共通条件のもと、貯金額が200万円以上ある女性を「堅実女子」、0~10万円未満の女性を「ゼロ円女子」と定義して、ライフスタイルを比較した調査結果をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

【調査概要】
株式会社オールアバウトと野村證券株式会社調べ
◎調査対象:25歳以上36歳未満で未婚、かつ年収300万円以上500万円未満の女性
◎有効回答者数:429人
◎調査期間:2017年12月26日~2018年1月29日

どんな暮らし方をすればお金が貯まるの? (C)PIXTA

堅実女子の6割以上が「部屋を整理整頓」している

 貯金額が200万円以上の「堅実女子」215人と0~10万円未満の「ゼロ円女子」214人を対象として、まずは部屋の整理整頓の度合いを聞きました。

部屋の整理整頓度合い(単一回答)
堅実女子とゼロ円女子とでは、自室の整理整頓度合いが大きく異なる

 自分の部屋が「とても整理整頓されている」「やや整理整頓されている」と回答した割合は、ゼロ円女子43.0%に対して、堅実女子は63.3%と1.5倍に。ゼロ円女子の2割近くは「まったく整理整頓されていない」という驚きの結果でした。堅実女子の部屋のほうが、整理整頓されていることが明らかとなりました。

堅実女子のATM利用頻度は「月1回以内」が4割

 1カ月にどのくらいATMを利用するか尋ねると、堅実女子の4割近くは「月1回以内」しか利用しておらず、約1割の人が月1回もATMを利用しないことが分かりました。一方、ゼロ円女子で「月1回以内」の利用だったのは20.5%で、「月4,5回」が2割以上という結果に。ゼロ円女子のほうが、頻繁にATMを利用している実態が見えてきました。

1カ月のATMの利用頻度(単一回答)
ゼロ円女子はATMに頼って生活する人が多い