新年度・新生活がスタートする4月が過ぎ、5月の大型連休が終わり、いよいよ上期も本番……! 新しい習い事を始めた、別の部署に異動になった……と慌ただしいスタートを切った人は、少しずつコツがつかめてくる時期ではないでしょうか。そんな大忙しの働き女子の皆さんに欠かせないのが手帳です。
今回は読者が実際に使っている手帳について調査するアンケートを実施。あなたは今の手帳に満足していますか? オトナ女子たちに愛されている手帳とは?

(◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施、調査期間:2016年3月3日~31日・有効回答数270)

(c)PIXTA

月管理と週管理、どちらが便利?~マンスリー手帳が根強い人気

 まずはタイプ別にご紹介。手帳を選ぶうえでこだわりたいのが、「マンスリー」「ウィークリー」といった月日の区分け。見開きページが1カ月の「マンスリー」、見開きページが1週間の「ウィークリー」などがあります。また、ウィークリーは、区切りが縦なのか横なのかで、「バーチカル」「ホリゾンタル」の二つのタイプがあります。

バーチカルタイプ
1日ごと縦の帯に区切られ、時間軸を縦に取っている。細かい時間の管理がしやすい

ホリゾンタルタイプ
1日ごと横の帯に区切られ、見開きで1週間が分かる。

 アンケートでは、バーチカル・ウィークリー派が支持率上昇中。ですが、月間予定が俯瞰できるマンスリーが根強い人気でした。仕事内容や使い手の性格の違いが、選ぶ基準になりそうです。

ウィークリータイプ(バーチカル/ホリゾンタル)

1週間のスケジュールが見開きで、時系列で予定を管理しやすくて大満足です。(29歳・経理)

バーチカルは秘書業務に合った手帳だと思っています。(38歳・秘書)

見開きで2週間をいっぺんに見られる手帳を使っていますが、今までで一番使いやすいです。1週間の行動を差別化できるので仕事で大活躍です!(26歳・広報)

マンスリータイプ

ずぼらな性格なので、必要なことをササッと書き込めるものを探しました。(35歳・販売)

時間単位の仕事をしていないし、ものぐさなのでたくさん書くスペースがあっても続かない。いろいろ試して、マンスリータイプに落ち着きました。A6以上のサイズで、マス目の大きさにゆとりのある設計のマンスリー手帳が一番使いやすいです。(28歳・看護師)