ジメジメとした梅雨の時期がやってきました。なんとなく気持ちまでどんよりしがちな人も少なくないでしょう。働く女性の皆さんは、気分が落ち込んだとき、どうやって気分転換を図っているのでしょうか。読者アンケートには、みんな納得の定番から、思わずやってみたくなる面白ネタまで、バラエティー豊かな回答が寄せられました。

【調査概要】
◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施
◎調査期間:2017年5月1日(月)~5月31日(水)
◎有効回答数:280人

読者の気分転換法、気になるランキングを発表

 読者の皆さんに「気分転換の方法を教えてください」と聞いたところ、280名もの方々が詳しく内容を教えてくれました。まずはランキングをご紹介します。

皆さんの気分転換の方法は? (複数回答可)

 「食べて、体を動かして、寝る」――王道の気分転換方法がランキング入りしました。番組や風景を「見る」、音楽を「聴く」というのも人気がありました。

1位 食べる&飲む――55名

 読者の気分転換法でトップになったのは「食べる、飲む」。誰でも手軽にできるのがいいですね。

おいしい物を食べてしばし幸せな気分に浸ります! (C) PIXTA

何といっても食べること。おいしいものを食べて気分転換するのが一番簡単で間違いないです。いろんなものをたくさん食べたいときはビュッフェ、おしゃれな気持ちになりたいときはフレンチのコースなど、それなりにお金をかけてでも、ストレスがたまって病院代になるよりマシと思ってます。(32歳、公務員、経理・一般事務)

お菓子を机の引き出しに用意して、何かあったら取り出して食べます。嫌なことは、おいしい物を食べて忘れるようにしています。(31歳、製造、経理)

おいしいハーブティーを何種類か用意しておいて、気分に合わせて飲んでいます。(33歳、不動産、経理・企画・マーケティング・営業事務)

お気に入りの立ち飲み屋でさくっと。(34歳、製造、一般事務)