働く女性は、仕事や家事などで日々、時間に追われがち。なかなかゆっくりと、自由な時間を過ごすことが難しいですよね。そんな中、3時間だけ自由な時間が与えられるとしたら、あなたはどんなことをしますか? 日経ウーマンオンラインの読者にアンケートをとってみると、「疲れを癒やしたい」「のんびりしたい」という人と、「日ごろからやりたかったことを実行」という人が半々くらいでした。読者のやりたいことリストを発表します! ぜひあなたのプランも考えてみてください。
(◎日経ウーマンオンライン上で読者を対象に実施、調査期間:2016年6月1日(水)~2016年6月30日(木)、有効回答数:394人)

ゆったり自分をメンテナンス

いまぽっかり3時間空いたらどうする? ……体のメンテナンスをする? (C)PIXTA

 やはり、疲れている心と体をケアしたいと思う人はたくさんいるようです。リフレッシュしたら、また元気に日常に戻れますね。

エアコンの効いた部屋でデスクワークの毎日です。体が冷えてむくんでいるので、スパへ行きじっくりマッサージしてもらいます。(25歳、総務)

頭から足の先まで、全身オイルマッサージを受けてそのまま爆睡します。(35歳、SE)

お金を度外視していいなら、頭のてっぺんから足の先までエステを受けたいです。体も心も凝り固まっています。とにかく癒やされたいです。(31歳、ライター)

とにかく毎日寝ても寝ても眠たいので、少しでも時間があれば寝たいです。(26歳、営業)

美容院に行きたいです。エレガントなふんわりヘアにしたいです。(33歳、受付)

無心になる

 「からっぽになりたい」と思うのは、日ごろ、フル回転で動いている反動でしょうか。ときには無心になる時間も必要です。動物との言葉のいらないコミュニケーションも頭と心の切り替えになりそうです。

ひたすらボーッと、何も考えない時間を楽しみたいです。普段は仕事に追われ、常に何かを考えているので、頭の中を無にしたいです。(27歳、営業)

心に余裕がないと作れない、凝ったお菓子作りをします。無心でメレンゲを作りたい。(31歳、カスタマーサービス)

3時間で行ける範囲の場所まで、ぶらりと旅に出ます。温泉があれば入って、ボーッとしてビールを飲みます。寝ても寝ても疲れがとれず、毎朝顔面のむくみがひどいです。営業のせいか、時間に追われ、常にせっぱつまっている気がします。だから携帯電話も時計もない場所で、のんびりしたいです。(31歳、営業)

家に帰って犬と遊びます。(32歳、専門職)

睡眠です。絶対にギリギリまで寝ます。(24歳、接客)