過酷なまでの今夏の暑さ、複雑な人間関係に、毎日の仕事……都会で働く女性たちは、日々、どれだけの疲れを抱えているのでしょうか。リサーチ結果から、東京都内で働く女性が抱える慢性的な疲労と不調、それに対するリセット方法まで、「疲れ」にまつわるすべてが見えてきました。

【調査概要】
養命酒株式会社によるインターネットアンケート
◎調査期間:2018年6月8日~6月12日
◎調査対象:首都圏在住で、東京都で働く20歳~59歳のビジネスパーソン1000人
※ビジネスパーソン:会社員、派遣社員・契約社員、会社役員・経営者、専門職、公務員・団体職員

東京で働く女性の8割は疲れを実感

 都内で働く男女20歳~59歳のビジネスパーソンに、現在の「疲れ」の状態について聞いたところ、【疲れを感じている】状態に「非常に当てはまる」人が34.6%、「やや当てはまる」人が45.2%で、合計すると79.8%となり、約8割もの人が疲れを感じていることが分かりました。さらに男女別に見ると、男性76.4%に対して、女性は83.2%となっており、男性よりも女性のほうが疲れを感じているようです。年代別では20代と40代で8割以上の人が疲れを感じていると回答しており、若くても、まだ新しい生活や仕事に慣れていないと思われる20代と、年齢的にも体力が衰えてくる40代のほとんどの人が疲れを抱えていることが分かります。

「休んだ気がしない」…72%の女性が「慢性疲労」を自覚

 ビジネスパーソンが抱えている疲れの度合いはどれくらいなのでしょうか。【一晩寝ても疲れが取れない(休んだ気がしない)】という状態に「非常に当てはまる」、「やや当てはまる」と答えた人は、合計で70.0%となっており、さらに男女別では、女性が72.6%と合計を上回る結果になりました。一晩眠っても疲れが取れない「慢性疲労」を自覚している女性は、男性よりも多くなっています。ちなみに、「慢性疲労」と「慢性疲労症候群(CFS)」は別のものです。「慢性疲労症候群」は病気の一種で、日常生活に支障をきたすほどの疲労感が半年以上続きます。休息しても過剰に疲労感を感じ、体を動かすこともできない身体疾患であり、適切な治療が必要です。

約7割の女性が「一晩寝ても疲れが取れない」と感じています (C)PIXTA

 さらに、【最近、睡眠負債がたまっていると感じる】ことが「非常に当てはまる」、「やや当てはまる」と答えた人は65.6%となり、3人に2人は日々の睡眠不足が借金のように積み重なっていくように感じる「睡眠負債」を実感している結果となりました。