好きなことを生かして収入につなげたい

 中には、「好きなこと」を突き詰めて副収入を得る人も。自分が好きなことでお金を稼げるようになれば、幸せですよね。

ヨガが好きで、週末にインストラクターの学校に通い、資格を取得した。友人や職場の同僚に定期的にヨガのレッスンを行っている。将来的に副業にできればと思っている(40歳、公務員、一般事務)

10年程、書道を続けています。今は会社の事務の仕事をしながらですが、その仕事も定年まではできないので、もう少し経験を積んでから今習っている師匠の助手になりたいと思っています。今の職場でものしを手書きすることもあるので役立っています(35歳、製造、一般事務・営業事務)

着付けを習い、浴衣はもちろん着物も着られるようになりました。また、浴衣イベントを企画し、着付け代でお小遣い程度ですが、収入が増えました。(36歳、製造、総務)

「浴衣の着付けを学んでイベントを企画。お小遣い程度ですが、好きなことを生かして副収入を得ています」 写真はイメージ (C)PIXTA

他にもこんな声がありました

学びにお金はかけず、NHKテレビ番組を活用(37歳、商社、審査)

以前は資格に時間を使っていましたが、仕事と関係のある分野の勉強ではストレス発散にはならないと考えたため、今では他分野のことに時間を使うようにしています。これにより、オンとオフがはっきり差別化でき、とてもストレス発散につながっています(33歳、建設、専門職)

仕事が専門職なのですが、就職して仕事をしているうちに勉強不足を感じ、もっと勉強したいと思うようになり通信制大学院に入学して社会人学生となりました。ですが、仕事と子育てしながら勉強しなければならず、時間が思うように取れないため、もっと早く独身の時に入学卒業しておけばよかったなと思っています(29歳、医療福祉関連、専門職)

現在、資格取得のためにスクールに通っています。スクールが平日のため、派遣社員になりましたが、良い経験になっています。その他、社会人向けのコミュニティーに参加したりもしています。会社とは異なる人と会うことで、考え方の多様性や自分が苦手なことの見極めができるようになってきました(34歳、人事)

***

 いかがでしたか。暑さも和らぎ、勉強や学びに励みやすい季節はすぐそこ。読者の皆さんの声を参考に、この秋は新しい「学び」に挑戦してみてはいかがでしょうか。

文/佐々木恵美 写真/PIXTA