仕事を選ぶ際は、人それぞれ重視するポイントがあれば妥協しなければならない点もあり、悩ましいものですね。正社員を希望する女性は、仕事選びで何を大切にしているのでしょうか。

 人材総合サービスのエン・ジャパンは正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト「エンウィメンズワーク」利用者を対象に、「仕事の選び方」についてアンケート調査を実施。女性595名から得た回答結果を発表しました(調査期間2016年6月23日~7月20日)。

これだけは譲れないものってありますか?(C)PIXTA

転職したい職種の第1位は「一般事務」

 仕事を探している女性に「就きたい職種」を聞いたところ、第1位「一般事務」67%、第2位「営業事務」33%、第3位「総務・人事」23%という結果でした。2016年6月の有効求人倍率は1.37倍で求職者に有利な状況が続いていますが、人気の「一般事務」の有効求人倍率は0.28倍で、非常に狭き門となっています。

転職を検討している女性が「就きたい職種」

仕事選びで妥協できるのは「残業」「残業時間」「勤務開始日」

 「仕事を選ぶ際に妥協できることは何ですか?」という質問には、「業界」「残業時間」「勤務開始日」が30%で同率トップに。それぞれの回答を選んだ人のコメントを見ると、「残業時間」「勤務開始日」では自分に合う職場なら多少の時間外や開始時期のズレは気にならない、「業界」は「業界よりも仕事内容重視なので」など、自分なりの選択軸がはっきりしていることがわかります。

仕事を選ぶ際に妥協できること (複数回答可)
 さて、一方で女性たちが妥協できないのは……。