雪国の人は雪かきをする?

 餅は餅屋といいます。寒い場所に住む人の知恵や、プロの知識も参考になりますね。

雪かきで汗をかく! (C) PIXTA

雪国に住んでいますが、寒いときは何をしても寒いです。なるべく外に出ない。雪かきして汗をかく。これにつきます(笑)。(31歳、金融・証券・保険、経理・総務・一般事務)

冷え性なので、寒さ対策は万全! 毎日、機能性インナーを着用し、寒いと感じた日は腹巻きをプラス。バッグには「ホッカイロ」を常備。飲み物は必ずホットです。漢方の先生に教わり、コーヒーを飲む場合は午後3時までで、以降は体を冷やさないものを飲みます。自宅、職場、車にそれぞれ膝掛けを置いています。(29歳、サービス、広報・営業事務)

自宅で節約もできる寒さ対策

 自宅の暖房費を節約しつつ、温かく過ごす工夫も。保温効果があることで知られる段ボールを並べたり、思い切り着こんだり……職場と違い、自宅なら人目を気にせずにトライできそうです。

去年から窓に畳んだ状態のダンボールを並べています。見栄えは悪いですが冷気が抑えられ、効果はあります!(26歳、製造、企画・マーケティング・広報)

真冬は自宅の部屋の中でも毛足が短めの毛皮のマフラー(ラビット)をしています。暖房の温度を上げなくても首周りが温かくておすすめです。(45歳、教育)

毎日、寝る前には布団に湯たんぽを入れています。エアコンをつけなくても充分な温かさです。電気毛布にはない心地よい温かさが朝まで続くので、良い睡眠がとれている気がします。(28歳、研究開発)