日本初の女性旅客機機長として、日本やアジア上空をフライトしている日本航空の藤明里さん。パイロットとして活躍するまでには、どのような道のりを歩んできたのでしょうか。影響を受けた人物や時間の使い方について伺った前編に続き、後編では、後輩への指導の仕方やモチベーションを上げるコツをお話しいただきました。



 大学卒業後、米国と日本でのライセンス取得を経て、1999年にJALエクスプレスに入社した藤さんは、2010年に女性として日本で初めて旅客機機長に就任しました。人生の分岐点となったのは、30歳前後でのJALエクスプレスへの入社だったといいます。

日本やアジア上空をフライトしている日本航空の藤明里さん

【質問6】人生の分岐点を教えてください

【回答】JALエクスプレスに入社した頃です

 日本航空のグループ会社だったJALエクスプレスに入る時が、一番の分岐点でした。JALエクスプレスができるまでは、ジェット機で航空運送をしている会社の中で、自分でライセンスを取った人を採用している会社はありませんでした。新しい会社が誕生したことで、エアラインのパイロットになれる可能性が生まれたのです。

 当時は別の会社に勤めながら、試験を受けるために必要なライセンスを取るためのお金をためていました。「早くエントリーしないと入社のチャンスが逃げてしまう」と思い、父親にライセンス取得のためのお金を借りられないかと相談していた矢先、父が他界してしまいます。どうしようかと思っていたら、母親が「続けなさい」と言って助けてくれました。

 時を同じくして、勤めていた会社でリストラに遭ってしまいます。「チャンスが来た」という気持ちと「後がない」という思いで、何が何でもJALエクスプレスに受からなければと必死でした。無事に入社した時には「捨てる神あれば拾う神ありで……」と挨拶しましたね。それが30歳ごろの出来事です。