ゲームセンターに行ったことはありますか? 気軽なストレス発散になると、今、ゲームセンターを訪れる女性が増えているのだとか。「ゲーセン女子」こと、おくむらなつこさんのガイドの下、ゲーム初心者のライターがゲームセンターで遊んできました。

最新のゲームセンター事情を知っていますか?

 皆さんはゲームセンターと聞いて、どんなイメージがありますか? 何だか入りにくい、うまくないと恥ずかしくてプレイできない……? どうやら、最近のゲームセンター事情は変わってきているようです。

 「ゲームセンターは働く女性にオススメですよ!」と話してくれたのが、会社員でありながら年間330日以上ゲームセンターに通う、通称「ゲーセン女子」のおくむらなつこさん。普段全くゲームセンターに行かないライターYが、ゲームセンターの楽しみ方をおくむらさんに教えてもらいます。

案内人を務めていただく、おくむらなつこさん トライバルメディアハウス 経営企画室 組織・人事戦略担当。仕事をしながら、年間330日以上ゲームセンターに通う「ゲーセン女子」として、テレビ出演やイベント主催、ブログや書籍執筆などを通じてゲームセンター文化を広める活動をしている

 伺ったのは、東京・池袋にある「ラウンドワン池袋店」。フロアに足を踏み入れると、まず目に入ってきたのはロッカーでした。

 おくむらさん曰く、「最近は無料で使えるロッカーを置いているゲームセンターも増えている」とのこと。これなら、バッグや会社の書類を持ち歩くことなく、手ぶらでゲームが楽しめますね。

大きめのサイズのロッカー。荷物が多くても安心です

 次に目についたのは、「おしぼりロボ」。なんと、自動でおしぼりが出てきます。

ボタンを押すと、おしぼりがポンと出てきます

 「タッチパネル式のゲームも多いので、衛生面に配慮したおしぼりを置く店舗が増えました」(おくむらさん)

 「誰が触ったのか分からない……」なんて気にすることなく遊べるように配慮されているんですね。

 ゲームセンターというと100円玉が必要なイメージだったのですが、最近ではプレイ料金をPASMOなどのICカードで支払いできるゲームセンターもあるそう。いちいち両替せずに、ICカード片手に会社帰りにゲーセン、なんてこともできるようです。

 ゲームセンターへのハードルが下がったところで、実際のゲームに挑戦してみましょう。でも、ゲームセンターのゲームって、難しいのでは……?