人に弱みを見せられない私を変えたい!

ニケ えっと、33歳、サービス、接客、既婚・子どもあり さんからいただきました。

 「人に頼る、弱みを見せることができないので、そんな自分を少しでも変えられたらなって思います」

カワイ 相談者の方、いくつでしたっけ?

ニケ 33歳です。

カワイ 33か……。その年で弱みを見せるのはムリです。

ニケ え~、それって年と関係なくないですか~?

カワイ 関係あります!

ニケ でも~、たくさんいますよ、ニケの周りには。若いのに自分の弱みを見せまくってる人。

カワイ じゃ、聞くけどそういう人って、何のために弱み見せてるのかしら?

ニケ う~ん、そうやって聞かれると困りますけど……。

カワイ 「私って、こんなに頑張ってるんですぅ」ってアピールだったりしない?

ニケ ギクっ! 言われてみれば……。

カワイ こんなに頑張ってるアピールと、弱みを見せることは全く違います。

 弱みを見せるとは、情けない自分を笑うことです。

ニケ わ、そんなの若い時は無理だ! 笑うなんてムリ!

カワイ でも、図太くなればできる。

ニケ あの、薫さん、図太さって「心の余裕」って言い換えてもいいですかぁ~?

カワイ ニケさん、すごい! それよ、それ!

 年齢を重ねると、だんだんと自分を客観的に見れるようになるし、図太さ……、あ、「心の余裕」もできる。そしたら「ダメな自分」を笑い飛ばしながら人に話せます。33歳サービス接客さん。あと10年お待ちください。

ニケ ギエッ、10年も! う~、じゃ、人に頼るにはどうしたらいいですか~?

カワイ 目の前のことを、「バカ」が付くくらい腹の底からマジメに、きちんとやりなさい。そういう姿は人の心に届きます。「ああ、この人頑張ってるな。応援したいな」って。すると、向こうから、手を差し出してくれる。

 そしたら、素直に「ありがとうございます」と心から感謝して、傘を借りればいい。差し出された傘を自分の手で持って、それでも重たければ「手を添えて」もらう。それが人に「頼る」ってことです。

「頑張っているな」と伝われば、みんな手を差し出してくれる (C) PIXTA

ニケ ふ~ん、なんかきちんとした相談になってきちゃった~。ってなわけで、次!