想像したこともない美しい風景が見える

カワイ 私の幼なじみがある大手企業で、一昨年女性初の部長に昇進したの。彼女は当初「こんな自分でホントに務まるのだろうか」ってとても不安がっていました。「私は出世を目指してきたわけじゃない。ただただ仕事が好きで一生懸命やってきただけ。でも、気が付くと同期はほとんど辞めていた。私はたまたま残っていたから、女性活用の追い風で部長になってしまった」って言っていました。

 でも、1年後、彼女に会ったときに、「後輩たちにこの景色を見てほしいと思う」って言っていたの。彼女は昇進して、それまで想像したこともない「景色」に出合えたって。

昇進した後、そこからどんな景色が見えますか? (C) PIXTA

 それまで挨拶くらいしかしたことなかった上の人に仕事の手ほどきを受けたり、社外の女性管理職の人たちと交流ができたり。刺激もたくさん受けて、自分はまだまだ勉強しなくちゃダメだなぁって落ち込むこともあった。それでも、やっぱり後輩たちにこの景色を見てほしいって。

 後輩女性たちの中には、「私は出世に興味がない」とか、「家庭を大切にしたいから今のままでいい」という人たちが多いけど、この景色を見せてあげたい、って言っていました。

ニケ へ~、そうなんですかぁ~。今、立っている地上から、空中に舞い上がってみると……。そっか~、うん、そっか~~、そういうこともあるんですね。

カワイ 私はね、今は組織の人間ではありません。それでもCAをやっていたときに、ファーストクラスの資格を取って、ファーストを担当したときには「同じ飛行機の中でもこんなに違う空間があるのか」って感動したし、普通だったらお会いすることのないVIPにサービスできたり。また、頑張ろう! ってモチベーション上がりましたよ。

ニケ あ~、なんかニケも昇進したくなってきました!

カワイ 昇進って、自分がしたくてできるものではない。だからこそ、昇進できたら「ありがたく」出世させていただけばいいの。そこで新たな将来が描けると思いますよ。

ニケ あ! 薫さん、大切なこと忘れてました!

カワイ ナニ?

ニケ 31歳一般事務さんはまだ、課長代理候補らしい、ってわけでして。候補で終わってしまう可能性も……。

カワイ あらら。そうでしたね(苦笑)。まっ、そのときはまた、考えましょ。

ニケ ですね! というわけで、もし、もし、万が一、出世しなかったら、またメールください! 皆さままた来週~。

カワイ はい、また来週~。

文/河合薫 写真/PIXTA

この連載は、毎週金曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページはこちら ⇒ 【河合薫の「女性のリアル人生相談」】

【河合薫さんのFacebookページ】でも発信されています。
フォローすれば、記事公開のタイミングも分かりますよ!

※カイシャやオシゴトにまつわる悩みをお持ちの方は、ぜひ、【日経BP社お問い合わせフォーム】よりお寄せください。その際には、必ず「河合さん連載」と明記してください。こちらの連載を通じて河合さんに回答していただけるかもしれません。個別のお返事はしておりませんので、ご了承ください。