リアル人生相談の第20回は、「私、リストラ候補に入っているかも……!」という危機感にかられた女性の悩みをとりあげます。初回から一人ずつの悩みをとりあげましたが、今回のお悩みが最もシビアかもしれません。健康社会学者の河合薫さんが、アラサー独身会社員代表・ニケさんと軽快に、しかし大真面目に答えます。

あるあるカイシャ事件簿Vol.20
「もしや私リストラ候補!?」

 現在、42歳の一般職です。
 この先、リストラされる可能性が出てきてしまい、毎日不安で不安で。思い切って河合さんにメールを書くことにしました。
 私は大学を出てから、現在の会社に入社。同期の女性は20名いましたが、今残っているのは、わずか3名です。
 総合職だった一人は管理職になり、課長として活躍しています。一方、私ともう一人は、経理部のヒラ社員。その同期に、先日「早期退職」を促す手紙が、人事部から送られてきたというのです。
 もともとうちの会社では、ラインをはずれた男性社員が45歳になると「白い封筒」が送られてくるのが通例でした。女性は人数も少なかったので対象外でした。ところが今回から、「男女平等にする」とかで、同期に「白い封筒」が送られてきたそうです。彼女は同期ですが、年齢は二つ上なのです。
 早期退職を選択するか否か。「しない」場合は、地方の関連会社に出向です。
 これって「リストラ」ですよね? 正直焦っています。何か資格を取ったほうがいいでしょうか?
 何かやらなきゃ、と分かっているんです。でも、いざ動こうとすると、金縛りにあったようで動くことができない。私、何やっているんだろうって。自己嫌悪に陥るばかりです。
 河合さん、どうかご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。
(正社員 42歳 独身)

(C)PIXTA

ニケ アチャ~。これ、キツいっすね……。しかも独身。あっ、でも早期退職しちゃえばいいのか。たくさんもらえるし。悠々自適ですね!

カワイ 甘~い! 悠々自適なんて、とっくに死語。昭和の古き良き時代の言葉です。

 女は90歳近くまで生きちゃうんだから、早期退職でちょっとばかりプラスされたところで安心できませんよ。

 しかも、退職金を出す会社は近年減り続けていて、正社員の4人に1人は退職金がないとされているの。非正規だと、基本的に退職金はありません。

ニケ 私、今まで退職金って、誰もがもらえるって思ってたんですけど。ああ、厳しいなぁ~。私たちアラサーは、生涯ボンビーガールから脱出できないってことですね……あ~、ショックだなぁ。

カワイ ねえ、ニケさん。今回の相談。どこか他人事じゃない?

ニケ へっ? ど、どういうことですか?

カワイ 早期退職とか、リストラとか、オジさんたちの問題で、自分とは関係ないって思ってるでしょ?

ニケ ……う~ん。今回の相談は女性からですし~、そういうわけでもないですけど。ただ、正直な話、ピンと来ないのは確かです……。

カワイ あのね。これからは、会社から肩たたきされる女性は年々増えてくるのよ。