2016年も残すところ、あとわずか。ぺこ&りゅうちぇる、人工知能(AI)、ポケモンGO、ゲス不倫、SMAP解散など、いろいろと話題満載の1年でしたが、アラサー世代の間ではどんなブームが起こったのでしょうか。ネット通販の売り上げから見る2016年のトレンドと2017年の予測を、楽天市場のファッション事業部ジャンル戦略グループに所属している“トレンドハンター”清水淳さんに聞いてきました。

「#インスタ映え消費」~インスタ映えする商品が大人気

 「#インスタ映え消費」とは、インスタグラムをはじめとするSNSを使って、購入した商品を紹介したり、投稿したりする人が続出し、それが引き金となって売れる現象のこと。

 「フォトジェニックな商品がより注目を浴び、消費者主導で売り上げを伸ばす商品が数多く出ました。例えば、おしゃれなパッケージで注目を浴びた『BOTANIST ボタニカル シャンプー/トリートメント」』その一つです」と、清水さん。

BOTANIST

 インスタ効果は、いままでの定番人気商品のボトムアップにもつながっているそう。例えば、ハロウィーン関連商品。「ハロウィーンマーケットは拡大し、今年、とうとうハロウィーン需要は、バレンタイン需要を超えたといわれました。もちろん、楽天でもハロウィーンの衣装をはじめとする関連商品がとてもよく売れました」(清水さん)。

 さらに、夏は浴衣が売れたようです。「もともと、楽天の浴衣は種類が多く、ファッション性やデザイン性も高く、人気のジャンルの一つです。写真映えする浴衣は、見事にSNSとマッチングし、非常に多くの浴衣写真が投稿されることになり、売り上げにもつながりました」(清水さん)。

 ほかにも、マーメイドブランケット、文字の入るかわいいマカロン、キャンディーブーケット、ビーチマットなど、写真映えする商品が人気に。

ラウンドビーチマーケット
マーメイドブランケット

「大人ペアコーデ」~親子や友達でおそろい!

 「親子、恋人、友達同士でファッションアイテムをリンクさせる『大人ペアコーデ』が話題となりましたが、それも一種のインスタ商品と言えるでしょう。ぺこ&りゅうちぇるの影響もあり、大きく売り上げを伸ばしました」(清水さん)。

大人ペアコーデ