29歳の時に幼い子ども二人を抱えて離婚。ビジネス経験のなかった専業主婦は、どうやってベンチャー企業を立ち上げるまでになったのでしょうか? 女性に特化した人材派遣、ビースタイルの子会社として働く女性たちを支援する食品事業を行うネオベジを立ち上げ、取締役COOに就任した小嶋ともこさんに、波乱万丈なキャリアの軌跡について伺いました。

ネオベジ代表取締役COOの小嶋ともこさんは、波乱万丈なキャリアの持ち主だ

人生で大事なことはすべて高校の部活動で学んだ

――小嶋さんは24歳という若さで結婚され、その後しばらく専業主婦をしていたと伺いました。まずは結婚前のことを教えてください。

小嶋さん(以下、敬称略):私自身、早めに結婚したいと思っていたわけではないんです。そもそも結婚するまでにはいろいろとありまして……。

 私は小学校2年生からソフトボールを始め、小、中はオリンピック出場を夢見て、本気で競技に打ち込んできました。そのおかげで高校は全国大会で連勝するようなソフトボールの強豪校に推薦で入り、朝から晩まで練習漬けの寮生活……を送るはずだったのですが、1年生の時に膝をケガして、選手として競技を続けることができなくなってしまったのです。

 推薦で体育科に入学していたため、競技が続けられない場合は退学となるはずだったのですが、仲間たちや顧問の先生の計らいで、なんとかマネジャーとして部に残ることになりました。

――というと、スポーツ漬けの毎日だったということですね。真剣にスポーツに打ち込んでいたのに、マネジャーに転身するのはつらい選択でしたね。

小嶋:「オリンピック出場」が夢だったので、ショックは大きかったですね。でも、それ以上にチームメートとは一緒にいたかった。そういう意味で、マネジャーとしてチームに残れたのはうれしかったです。

 ただ、このマネジャーの仕事がものすごく大変で……。50名以上の部員を抱える大きな部だったのですが、当時は、毎月行われる合宿や遠征のために宿泊施設やバスの手配、合宿中の選手のために料理や洗濯をしたりする仕事をたった一人でこなしていました。

 中でも結構大変だったのが、子を思うばかりに何かと口を出したがる選手の保護者たちへの対応です。

 選手、監督、保護者というさまざまな立場の関係者とうまく調整を図りながら、私は常に「どうやったら相手に気持ちよく動いてもらえるか」を同時並行で考えて一つ一つ取り組んでいました。考えるより先に体が動く私の性格は、高校3年間の「ザ・体育会系」生活によってつくられたように思います。