人生は選択の連続です。たった一つの選択が、その後の人生を大きく左右することも。私たちがつい魅力的に感じてしまう「3つの選択」について、お金のプロであるセゾン投信社長の中野晴啓さんにインタビューを敢行しました。 「専業主婦」に続いて、第2回の今回は「宝くじ」についてお聞きしました。聞き手は、働く女性のマネー事情に詳しいFPの高山一恵さんです。

専業主婦という願望 手を出してはいけないその理由」(8月2日公開)
「宝くじで3億円当選 強運をつかんだ派遣社員のその後」(この記事)
「ふるさと納税 返礼品目当ての『寄付』が非難される理由」(8月6日公開予定)

当選でお金、友人、仕事、すべてを失う危険性も

高山さん(以下、敬称略):今回は、「宝くじ」についてお聞きしたいと思います。宝くじで一獲千金を夢みている人は少なくないと思いますが、中野さんは、宝くじを買ったことはありますか?

中野さん(以下、敬称略):僕は、一度も宝くじを買ったことはありません。高額当選すると、不幸のもとになるというのが僕の持論です。

高山:実は以前、宝くじで3億円当たったというお客様が相談に来ました。その方は30代の派遣社員の女性だったのですが、それまで月収20万円で堅実に暮らしていたのに、3億円当たってから、仕事もさぼりがちになったり、ブランドものを買いまくったり、高級マンションを買ったりして、生活ががらりと変わってしまいました。

突然大金を手にしたときに、変わらない自信はありますか? (C) PIXTA

中野:想像がつきます。大金を持つと、ほとんどの人が彼女のように変わってしまうのではないでしょうか。その方は、その後どうなりましたか?

高山:3億円が当たったことで、周囲に高飛車な態度を取るようになって、彼女から友人も離れていき、家族からも孤立してしまったようです。仕事も辞めてしまって、買い物三昧でお金も使い果たしてしまったようで……。最近は、彼女と連絡が取れなくなってしまいました……。

中野:宝くじが当たったときに、お金の使い方が絶対に変わらないという自信があるなら買ってもいいと思いますけど、多くの人が無理でしょうね。