宝くじは貧者の税金

高山:中野さんのお話を聞けば聞くほど、宝くじって当たっても当たらなくても得することはないですね。

中野:皆さんが、お金を増やしたいと考えるとき、最初から絶対にもうからないと分かっている商品に投資しますか? 全員が拒絶しますよね。宝くじを買うということは、こういうことなんですよ。そして、最初から主催者に取り分を半分以上持っていかれている。

高山:手数料の高い商品を買うのと同じですね。

中野:その通りです。そして、さっきお話ししたように、宝くじの主催者は、都道府県や政令指定都市です。宝くじの収益金は、主催者である都道府県や政令指定都市の収入になります。この収入は公共事業などに使われているようですが、つまり、これらの自治体にとっては、宝くじの収益金は、税金が入るのと同じなのです。

高山:だから、宝くじは「貧者の税金」と呼ばれるんですね。

中野:合理性を理解している本当のお金持ちたちは、宝くじを買いませんからね。皆さんも割に合わない運試しはすぐにやめて、もっと有効にお金を使うべきですね。

文/高山一恵 写真/PIXTA

プロフィール
中野晴啓
セゾン投信社長
中野晴啓(なかの・はるひろ)さん
1987年クレディセゾン入社。セゾングループ内で投資顧問事業を立ち上げ運用責任者として資金運用等を手がける。2006年セゾン投信を設立。公益財団法人セゾン文化財団理事、一般社団法人投資信託協会理事。全国各地で年間150回講演やセミナーを開催。著書に「個人型確定拠出年金iDeCoで選ぶべきこの7本!」(ビジネス社)「お金のウソ」(ダイヤモンド社)など多数

高山一恵
Money&You取締役/ファイナンシャルプランナー
高山一恵(たかやま・かずえ)さん
2005年に女性向けFPオフィス、エフピーウーマンを設立。10年間取締役を務めた後、現職へ。女性と女性FPのマッチングメディア「FP Cafe」を運営。全国での講演活動、執筆・相談業務を通じて、女性の人生に不可欠なお金の知識を伝えている。著書に「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(きんざい)「一番わかる 確定拠出年金の基本のき」 (スタンダーズ)」など多数