【実践編1】手首をつかまれたときに使える護身術

 次はいよいよ実践編。ALSOKが過去3年間で150回以上開催している「ALSOK 女性向け防犯セミナー」で教えている護身術を紹介します。まずは手をつかまれたときの対処法から。

相手が自分と逆の手でつかんできた場合

自分と逆の手で(左手を右手で)つかまれた状態 ※画像はクリックで手元が拡大します

  まずは、相手が自分と逆の手で(例:自分の左手を相手が右手で)つかんできた場合です。

手をパーにした状態。腕に力が入りやすい ※画像はクリックで手元が拡大します

(1)手をパーに開き、腕に力が入りやすい状態をつくります。

手を引いた状態

(2)前の足に力を入れ、相手の手のひらのほうから一気に引きます。

手を自分の顔のほうまで引いた状態

(3)引いた手を自分の顔まで寄せ、手が離れた隙に逃げましょう。

相手が同じ手でつかんできた場合

自分の左手を相手の左手でつかまれた状態 ※画像はクリックで手元が拡大します

 続いては相手が同じ手で(例:自分の左手を、相手も左手で)つかんできた場合。

左手をパーにして上に上げた状態 ※画像はクリックで手元が拡大します

(1)つかまれた左手の甲を相手の腕の下を通すようにして手を上げ、相手の手首をひねります。

小指側から手刀で相手の手を振り払う ※画像はクリックで手元が拡大します

(2)自分の小指側から、手刀で相手の手を振り払い、逃げます。