「好き!」の分野を伸ばせばうまくいく

 奈緒の周辺は劇的に変化していますが、みなさんも、ときとしてうまくいかなかったり、おもわぬミスで落ち込んでしまったり、自分の弱点によって仕事がネガティブな方向に進んでしまうこともあるでしょう。

 しかし、根本的に自分の短所やダメだったところばかりにフォーカスする必要はありません。それよりも、もっと大切にしてほしい点があります。

 2点、お教えしましょう。

(1)長所こそ、あなたのキャリアを底上げする

 みなさんは、「これだ!」と言える自分の強み、長所をきちんと把握しているでしょうか。

 「スキルがない」「経験が少ない」と、弱点ばかりに目を向けて落ち込んでしまう人が多いですが、弱みと強みを別に考えるのではなく、「強みで弱みを補てんしよう」「強みを増幅させて、弱みを小さくしよう」と考えてみてください。

 こんなこともできる、あんな長所もある、という「強みフォーカス型思考」へ切り替えることが大切です。

 あるいは、強みが今見当たらないという人は、まず自分の興味関心のある領域を明確にすることです。

 興味のある分野から強みを創り出すと考えればよいのです。

 例えば私も新入社員時代、周りの先輩社員との知識や経験の差に愕然として自信を喪失したことがありましたが、周りがもっていない知識を身に着ければ、自分の強みにもなり、周囲からも頼られる存在になる、と考えました。

 結果として、携帯電話事業者各社の料金プランやサービス展開についても分析を徹底的にやり、誰よりも競合他社の料金戦略について詳しい人材という強みを得ることになりました。

自分の強みで弱みをしのぐ!

 明確な強みがなくても、強みを身に着けていくためのダンドリを着実に進めていくことが自信の糧になるといえます。