「ご確認ください」「ご捺印ください」など、仕事でいつも同じフレーズを手書きすることってありますよね。あらかじめ、付せんにスタンプを押しておけば、後は貼るだけ。書き損じもありません。字に自信がない人も、スタンプならいつもキレイな字でメッセージを伝えられます。今回は、仕事が楽になる一方で、コミュニケーションが円滑になるような、ワザありスタンプを集めてみました。

いつもの面倒な手書き作業を「ワンプッシュ」で効率化

 スタンプを活用すれば、毎度毎度、仕事でおなじみのフレーズを手書きする手間を省けます。

 シヤチハタ「オピニ お願いごとスタンプ」(税抜400円)は、「ご確認ください」「回覧おねがいします」など、仕事でよく使うメッセージを9種類のスタンプにした製品です。

 「オピニ」は働く女性の声から生まれた文房具シリーズ。企画にあたり、20~30代の働く女性にグループインタビューを実施したそうです。全員が付せんやメモに何度も同じ内容を書くことを面倒に感じていることが分かったことから、開発が始まりました。

「ご確認ください」「ご捺印ください」「ご記入ください」が特に人気

 この工夫、実は書類を受け取るほうにもありがたい。確かに形式の決まった申込書や申請書類は、処理する担当者にとっては毎回、同じ作業の繰り返しです。一方、書類を書き込む人にとっては初めてだったり、年に1回だったりと不慣れで、記入ミスが発生することはよくあります。

 筆者にも経験があり、送られてきた書類で何カ所かハンコを押す場所が「ご捺印ください」と分かりやすく指示してあったときは、事務担当の方の心遣いに感謝したものです。こうした指示を手間なくきれいにできるのは素晴らしいと感じました。

契約書など直接書き込めない書類や回覧物に、付せんを貼ってメッセージを
時間のあるときに、付せんにあらかじめ押しておけば、後は貼るだけなので効率的
浸透印なのでスタンプ台は不要。軽く置くようにするときれいに押せる

 お願いごとスタンプの魅力は便利さだけではありません。「オピニ」チームのリーダーで、企画を担当したシヤチハタ マーケティング部商品企画課の神山かおるさんによれば、「手書きする手間を省いても失礼にならないような印象を与えられるよう、文字のデザインにはこだわっています。硬すぎず、柔らかすぎない女性らしい書体を厳選しました」。書体から醸し出される優しげな雰囲気によって、社内の雰囲気も和やかになりそうです。

 文房具店では、メッセージがあらかじめ印刷されている付せんも手に入ります。ですが、ぺたぺた貼っていると、付せんがあっという間になくなりそう。コストを重視するなら、約6000回も繰り返し押せるスタンプがうってつけですね。