日経doors

みるみる腕が上がるエクセルの手なずけ方・関数編

図1 「パレートの法則」とは「よく売れる商品の上位2割が売り上げ全体の8割を占める」といった経験則で、8対2の法則とも呼ばれる。これをエクセル関数に当てはめると、「よく使う上位2割の関数で仕事の8割をこなせる」となる
閉じる