日経doors

みるみる腕が上がるエクセルの手なずけ方・関数編

図2 知らないせいでパフォーマンスが極端に制限されてしまう関数がある。制約理論でいうところのボトルネックで、エクセルではIF関数がそれに該当する。図のように「もし~なら~、そうでないなら~」といった場合分けをするもので、マスターすると関数の応用範囲がぐっと広がる
閉じる