豚肉のビタミンB1とリコピンで夏の疲れを解消 
塩トマト入り豚肉のピカタ風
1人分・232kcal・塩分1.1g・調理時間15分

塩トマト入り豚肉のピカタ風
塩トマト入り豚肉のピカタ風

<材料>(2人分)
濃い塩トマト----------大さじ2
豚ヒレ肉----------150g
卵----------1個
小麦粉----------大さじ1
オリーブオイル----------大さじ1と1/2
コショウ----------適量
付け合わせ野菜(焼いたズッキーニなど)----------適量

<作り方>
1.豚ヒレ肉は1cmの厚さに切り、包丁の背でたたき、5mmの厚さにのばす。コショウを振り、表面に小麦粉を薄くつける。ボウルに卵を入れて溶き、塩トマトを加えて混ぜる。

2.フライパンにオリーブオイルを入れて温め、1の卵汁にさっと浸した豚肉を並べて、中弱火で両面を焼く。途中、フライ返しなどで表面を軽く押さえ、焦げすぎないようにゆっくりと焼こう。最後に付け合わせ野菜とともに盛りつける。



トマトの塩分でご飯がふっくらモチモチに
塩トマトの炊き込みピラフ風
1人分・300kcal・塩分1.0g・調理時間10分(炊飯時間を除く)

塩トマトの炊き込みピラフ風
塩トマトの炊き込みピラフ風

<材料>(2人分)
濃い塩トマト----------大さじ2
ミニトマト----------5個
米----------1合
水----------180ml
粉チーズ----------大さじ1
黒コショウ----------適量

<作り方>
1.米は洗ってザルにあげる。ミニトマトは半分に切る。

2.炊飯器に1の米、水、塩トマト、ミニトマトを入れて炊く。炊きあがったら器に盛り、黒コショウと粉チーズを振る。

この人に聞きました
成沢正胡
成沢正胡さん
料理研究家
連載『旬の食材ヘルシーレシピ』でおなじみ。料理教室「うらら」を主宰。「ピラフは塩トマトの代わりにトマトジュースをつかってもいい。その場合、水は半量を目安にトマトジュースにして」

取材・文/松岡真理 写真/鈴木正美 レシピ考案・料理/成沢正胡 スタイリング/石川美加子 栄養計算/原山早織(食のスタジオ) 構成/平野亜矢(編集部)

日経ヘルス2015年8月号掲載記事を転載
この記事は雑誌記事執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります

この連載は、毎週木曜日に公開。下記の記事一覧ページに新しい記事がアップされますので、ぜひ、ブックマークして、お楽しみください!
記事一覧ページは⇒日経ヘルスの人気記事