老け見えの原因は、歯の食いしばりによって“ストレス筋”が凝ること。エステティシャンの舟津真里さんに、ストレス筋を本来の位置に戻す「たるみ引き上げマッサージ」を教えてもらいました。

◆ 血流&リンパの流れを促す…シワや顔たるみ改善 リンパの詰まり解消マッサージ
・リンパの詰まりを解消して、ネックラインもほっそり!【首のストレッチ】
・額のシワや顔のたるみを改善【側頭マッサージ】

◆ストレス筋で最も凝りやすい咬筋をほぐす…ほうれい線を消す 頬の筋肉「咬筋ほぐしマッサージ」
・老廃物の通り道を作る【首&鎖骨ほぐし】
・ほうれい線に効く! 特に凝りやすい咬筋をほぐす【咬筋ほぐし】

◆ストレス筋を元の位置に戻す
・リンパを流し、フェイスラインを整える【たるみ引き上げマッサージ】←この記事

ストレス筋を元の位置に戻す

 食いしばりでこわばり、外側に引っ張られていたストレス筋を本来の位置に戻していこう。「エラ張りも改善され、口元もリフトアップ。若々しい印象になります」(エステティシャンの舟津真里さん)。

 筋肉の深部まで届くよう、手のひらの付け根でしっかり圧をかけて筋肉を押し上げることが大切。「テーブルなどに肘をついてもいい」(舟津さん)。

【ポイント】
事前に「血流&リンパの流れを促すマッサージ」と、「咬筋をほぐすマッサージ」で筋肉の凝りをほぐしておくことで、たるんだ筋肉をより引き上げやすくなる。

【A】口角下制筋・笑筋・咬筋の引き上げマッサージ ⇒ 【B】あごの引き上げマッサージまで、顔の片側ずつ行う。

【A】口角下制筋・笑筋・咬筋の引き上げマッサージ

 食いしばりによる張りやたるみが生じやすい「口角下制筋」「笑筋」「咬筋」を引き上げる。

【1】リンパを流す

ココを使う
中指の第1〜第2関節の腹で圧をかけながら流す。

耳前から小鼻に向かってリンパを流す
耳の穴の手前(指を当てて口を開けると凹む部分)に右手の中指を当て、圧をかけながら小鼻に向かってスライドさせる。

【2】筋肉を押し上げて流す

口角下制筋を引き上げる

手のひらの付け根で口角下制筋を押し上げる
手のひらの付け根で口角下制筋にぐっと圧をかけ、そのまま頬骨までぐいっと持ち上げたら、耳に向かってスライドさせる。耳の前まで行ったら、【1】のリンパ流しを行う。

ココを使う
手のひらの付け根で筋肉に食い込ませるようにぐっと力を入れて行おう。
ココを押す
口角下制筋
笑筋を引き上げる

手のひらの付け根で笑筋を押し上げる
手のひらの付け根で笑筋にぐっと圧をかけ、そのまま頬骨までぐいっと持ち上げたら、耳に向かってスライドさせる。耳の前まで行ったら、【1】を行う。

ココを押す
笑筋
咬筋を引き上げる

手のひらの付け根で咬筋を押し上げる
手のひらの付け根で咬筋にぐっと圧をかけ、そのまま頬骨までぐいっと持ち上げたら、耳に向かってスライドさせる。【1】【2】を3セット繰り返す。

ココを押す
咬筋

【1】〜【2】を3セット