今後の長い人生でお金に困らないためには、「今のお金の使い方」を見直すことが大切。シングル、子供なし夫婦、子供あり夫婦の3つのライフスタイルで、お金を増やすために守るべき心得を紹介します。

無理のない貯蓄&投資でお金が増える人生に

 「お金を増やしている人はライフスタイルを問わず、一定の“貯蓄の比率”を維持できています」。こう話すのは、ファイナンシャルプランナーの畠中雅子さん。理想は、シングルでひとり暮らしなら手取り月収の10%以上、実家暮らしなら40%以上を貯蓄すること。共働きで夫婦ふたり暮らしなら月収の20%、子供ありなら10~15%を貯めたい。毎月の貯蓄の一部は、投資信託の積み立てに回してリスクを抑えながら増やすことに挑戦しよう。

「今のお金の使い方」を見直してみよう (C)PIXTA

 ライフスタイルの変化でお金の管理が甘くなることもあるので気をつけたい。「例えば“子供が小さい間は習い事代などがかかるので赤字でも仕方がない”は禁物。最も負担の大きい大学の費用を確保するためにも、貯蓄の習慣を途切らせないで」。

 周囲に流されてブランド品や旅行などに散財しがちな人も要注意。「お金を増やすには、自分が本当に欲しいものを見極める力を持つことが大切です」。