「早起きが苦手」と答えた読者が50.9%にも。朝スッキリ起きるには何が必要?「もっと寝たい」が「起きたい」に変わるとっておきの起床テクを紹介!

「朝がつらい」を変える簡単テクニックがある

 目覚めの悪さに悩みを持つ読者は少なくない。「朝起きるのは、そもそもつらいもの」と言うのは自治医科大学講師の西多昌規さん。「寝ていたところを起こされると、ボーッとしてしまう。これは脳の持つ寝続けていたいという習性(睡眠慣性)が原因です」(西多さん)。脳の習性であり、朝起きられないからと自分を責める必要はない。

(C)PIXTA

 とはいえ、朝スッと起きるためのコツはある。「人間の体内時計は24時間より長め。毎朝、決まった時刻に起きないと、どんどん夜型になっていきます。30代の女性におすすめしたい平均の睡眠時間は7〜8時間ほど。まず起きる時間を決めて、そこから逆算した寝るべき時間に、就寝するのが理想的。難しい人は体内時計を整える習慣を1つでも多く身につけて」(東京医科大学准教授・駒田陽子さん)。

 体内時計を整えるカギを握るのは、朝の強い太陽の光だ。睡眠リズムを前にずらして体内時計をリセットしてくれる。「昼間は室内で働き、夜は明るい光の下で暮らす現代人の生活は、体内時計が狂いやすい。意識して朝日を浴びることが大切」(西多さん)。また、体内時計は胃腸にも備わっており、朝食の目覚め効果も大きい。

 そのほか、目覚めを促す軽めの運動も効果的。体温が上がることで脳の覚醒がうながされ、睡眠慣性が解消されるからだ。「できることから習慣にすれば、朝起きるのがラクになる」(西多さん)。朝スッキリ起きるワザを次のページに並べた。朝がつらい人はぜひ始めてみて!