冷蔵庫

冷蔵庫は24時間、365日動いているため、少しの工夫が大きな節約になる。省エネ性能に優れた機種への買い替えも有効。

10年前の冷蔵庫は今すぐ買い替え

この10年間で冷蔵庫の省エネ性能は飛躍的に向上。最近の機種は10年前に比べて、年間の電気代が約1万円もダウン(東京電力の試算、定格内容積401~450Lの場合)。庫内の大容量化も進み、除菌・消臭などの機能も進化。買い替えて損はない。

製造年別・電気代の比較

小さな冷蔵庫ほど電気代が高い

ひとり暮らし向けの小さな冷蔵庫は販売価格が安い分、最新の省エネ性能が搭載されておらず、実は大きな機種よりも電気代が高い。庫内が小さいと食材を詰め込むことになり、冷却効率もダウン。部屋の広さに余裕があるなら、大きめの冷蔵庫に買い替えたほうが電気代は得。

庫内容量別・電気代の比較

ショウガやサツマイモは冷やさない

野菜は育った環境に近い温度で保存するのが基本。イモ類やナス、キュウリ、ピーマンなどの保存温度は10~14℃、ショウガは14~15℃が最適とされる。冷蔵庫の中身が少なくなれば、冷却効率がアップ。ただし、一度切った野菜は傷みやすくなるため冷蔵庫へ入れて。

◆冷蔵庫に入れなくていい食材
ショウガ、ナス、サトイモ、キュウリ、ジャガイモ、ピーマン、ニンニク、玉ネギ

時々はきちんと開けて、中身の整頓を! (C)PIXTA

庫内の中身は「コ」の字形に収納する

「冷却効率を上げるには、賞味期限切れの食材などを捨てて中身をスッキリさせること。さらに、食材をコの字形に収納すれば、庫内が見やすくなり、ムダに扉を開ける時間の短縮につながります」(中村さん)。

食材をコの字形に収納

冬は運転モードを弱

「室温が低くなる冬は、冷蔵庫の運転モードを『弱』に設定しても問題ないと思います。『中』のときに比べて18%の節電になります」(中村さん)。機種によっては、省エネモードやエコモードを選べる場合も。庫内温度を判断して省電力で運転するため、電気代を節約できる。

実は効果が薄い 勘違い節約ワザ

× 扉の開閉時間はなるべく短くする
○ 時々はきちんと開けて、中身の整頓を!

「冷蔵庫は開けるためにあります。ムダな開けっ放しはいけませんが、時々はきちんと開けて中の整頓を。冬は室温が低い上、庫内の食品が保冷剤の役割をするので、開いても庫内の温度がすぐに上がることはありません」(中村さん)。

× カーテンを付けて冷気を逃がさない
○ 雑菌繁殖の恐れあり

「冷蔵庫にカーテンを付けても、あまり節約効果はありません。むしろ、ドアポケット部分に収納している卵や牛乳が冷えにくくなったり、カーテンに雑菌がついて繁殖するリスクがあります」(中村さん)。