日経doors

『東京タラレバ娘』読者が悶絶する共感と負傷のあいだ

辛らつな言葉を浴びせるタラの存在は案外貴重なのかもしれない(C)東村アキコ/講談社
閉じる