独身アラサー女のリアルを描いたマンガ『東京タラレバ娘』。第2回では、読者が印象に残った「タラレバ娘」の名場面を特集しました。最終回となる第3回では、それらに傷つき励まされた読者が、実際にどんな行動に起こしたかに迫ります。

【調査概要】
2017年1月11日から2017年1月29日の期間に、日経ウーマンオンライン上でアンケートを実施。回答者数は341人。平均年齢は35.1歳、独身が64.5%、既婚(子どもあり)17.3%、既婚(子どもなし)13.8%、会社員(一般職)が67.4%。

漫画だから大丈夫…なんて思わない!

 所詮は漫画の世界に描かれたこと…と、笑って終わりにできないのがリアリティさを追求した『東京タラレバ娘』の恐ろしいところ。アンケートでは「『最終的には漫画だから私は大丈夫』とは思わない」と答えた人がなんと70%以上もいました!

タラレバ言っても時間は巻き戻らない… (C)東村アキコ/講談社

「個室で女子会ばっかりして、良い男いねぇかなとか言ってんじゃない!」…。本当その通りですみません!(30歳、公務員、技術職)

自分のことを昔好きだった早坂さんが10歳年下の自分のアシスタント・マミにプロポーズしたエピソードがありますが、男が年下好きだというのは、今婚活をしている中でもすごく感じます。やっぱり男ってこうだよねーと思いました(38歳、IT・通信、専門職)

 特に、登場人物と自分の境遇が似ているため、他人事とは思えないというコメントは少なくありません。そんな、共感した登場人物たちに対する読者のひと言がこちら。