現役営業女子は、どのように仕事をして、どんな成果を上げているのでしょうか。新卒から現在まで法人企業向けリース提案を15年間経験してきたF・Sさんは、なんと年収約900万円! どうやって成果を上げているのか、目標達成のコツや秘訣を本音とともに教えてもらいました。

F・Sさん(38歳)独身
【仕事内容】精密機器の営業。法人企業向けにリースやソリューションの提案。
【手取り月収】約50万円
【手取り年収】約890万円
【仕事満足度】70点

営業成績で個人表彰、同期よりも早く昇格!

――F・Sさんは、転職せず新卒以来ずっと同じ会社に勤めていらっしゃるそうですね。営業を続けて、何年になるのでしょうか。

 「新卒で総合職を希望して入社し、営業に配属となりました。以来15年間、営業を続けています。もともと、上司の指示に従って業務を行う事務職よりも、主体的に動ける営業職のほうが、自分には合っていると感じていました。人脈形成も得意なほうで、人を説得する力があると思っているので、営業という仕事自体が私には向いているんだと思います。

私、人脈形成は得意なほうです! 写真はイメージ (C)PIXTA

 また、新人の頃は大企業のいいお客様を担当させてもらい、さらに先輩や周りの方々にもフォローしていただける環境だったので、入社当時から比較的無難に仕事をこなせていたと思います。

 2年目からは、さまざまな営業法を試したり、先輩のいいところを盗んだりしながら、自分なりのやり方や考え方を身に付けていきました。それが徐々に結果として表れるようになり、入社4年目と5年目の時には、営業成績で個人表彰をされたこともあります。当時のボーナス額は5万円程度しか変わりませんでしたが、同期よりも早く昇格することができました」

――早い段階から結果を出されていたんですね。このような成果を出すためのコツはあるのでしょうか?

 「すべて自分でやろうとはせず、各分野のスペシャリストに任せられるものは任せ、社内のいろいろな人を巻き込んでいくことが大切だと思います。

 私の場合は、『こういうケースはこの人に相談する』といったかたちで、『自分の不得意な分野に関しては、それが得意な人と一緒に仕事を進めていく』と決めています。ただし、ずっと頼るのではなく、次からは自分でできるように学ぶ姿勢が大事。その時々で不得意な分野を克服していきながら、一つずつ着実に経験値を増やしていくことがポイントです。

 経験値を増やせば、その分『営業の勘』のようなものが働くようになり、『攻め際』と『引き際』を見極められるようになります。また、担当者が交代したときや、年末年始などのイベントの際には、挨拶に行くことも大切です。こうしたタイミングは新たな契約につながるチャンスでもあるので、攻め時だと思って営業をかけていますね。常に顧客の立場に立ち、どうすれば相手にとってよりよい提案ができるのかを考えています」