新生活が始まる4月。お仕事メインの手帳をお探しなら、新年度に合わせて使える、4月始まりの手帳がおすすめです。前回の記事・働く女性におすすめの4月始まり手帳【マンスリー編】に続き、今回は「ウイークリー」のフォーマットの特徴や使い方を詳しくご紹介します。

ウイークリー手帳の特徴をおさらい

 ウイークリータイプとは、1週間の予定を管理できる手帳のことです。一般的にウイークリーがメインの手帳にはマンスリーのページも付属しているので、1カ月の予定を全体的に管理し、さらに1週間単位の予定を記入することができます。

この4冊を紹介!

選び方のポイント1・マンスリーとウイークリーどっちを使う?

 手帳に何を書きたいか? あらかじめ「書く内容のボリューム」や「予定の多さ」が決まると、手帳が選びやすくなります。たっぷり書きたいし、仕事のタスクメモやライフログとしても使いたい……という人には、1日当たりの書き込めるスペースが少ないマンスリーよりも、ウイークリーを選ぶのがおすすめです。

選び方のポイント2・どんな種類がある?

 ウイークリータイプは、細かく分けると十種類以上のフォーマットに分かれます。今回はその中から、手帳売り場でもよく目にする「バーチカル」「ブロック」「レフト」「ホリゾンタル」の4フォーマットにスポットを当て、それぞれの特徴やおすすめの手帳を詳しくご紹介していきます。