千駄ヶ谷

「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」

 続いて、千駄ヶ谷に2017年5月にオープンしたコクヨの直営店となる「THINK OF THINGS(シンク オブ シングス)」にお邪魔しました。こちらのお店はTHINK OF THINGSオリジナル商品と、コクヨ商品、セレクト商品の販売を展開するライフスタイルショップ&カフェになっています。

「THINK OF THINGS」は「モノ/コトについて考える場所」という意味

 コクヨは創業以来112年、文房具とオフィスファニチャーを中心に人々の「働く」「学ぶ」フィールドをサポートしてきました。

 最近は、日々の生活と仕事の境目が曖昧になってきていることから、従来の「働く」「学ぶ」に加えて「暮らす」という新しい視点を加え、ワークスタイルとライフスタイルの双方から自分らしく使いやすい「スタンダード」について考えるきっかけになれば……との思いから生まれた「THINK OF THINGS」。「ワークとライフの境界を超える」がテーマになっています。

コクヨの三上由貴さんにお話を伺いました

 THINK OF THINGSでは、4つのキーワードをもとに商品開発や運営を行っているそう。

1.時代や社会の変化を超えて長く愛される「TIMELESS」
2.既存の製品の用途を変えたり、新しい価値を加える「VIEW CHANGE」
3.文具と家具など異なる素材や製品を掛け算する「BRIDGE」
4.完成品ではなく、ユーザーがより自分らしい使い方を考えて表現できる「HALF MADE」

 従来の製品の魅力を生かしつつ、新たな時代に合わせた価値をいかに創造していくかがテーマになっています。