手帳のシーズンに入り、来年の手帳を選んでいる方も多いのではないでしょうか? 新しくするなら、手帳と一緒に使うペンにもこだわりたいですよね。2018年に登場した新作の中から、手帳と相性抜群のペンをご紹介します。


 働く女性を支えるすてきな文具をご紹介する「胸きゅんステーショナリー」。手帳シーズンを迎える第49回は「手帳と一緒に使いたい タイプ別ペンの最新トレンド」をご紹介します。

 「ペン」と一口に言っても、インクの「カラー」、握りやすさなどの「サイズ」、インクが裏に移る「裏移り」など、人によってこだわるポイントは違うと思います。今回は、今年登場した新作の中から使いやすいおすすめのペンをタイプ別に集めました。

【インク】おしゃれに見えるブラウンとブルーブラックが新登場

 予定やメモ、TO DOなどを管理する手帳。普段「黒」インクをよく使うという方は、万年筆のようなインクを使うと手帳の印象が変わるのでおすすめですよ。

写真上からブラウンとブルーブラック

 ぺんてるの「エナージェル クレナ」は女性のための大人クラシカルなボールペンです。今年、ブラウンとブルーブラックの2色が登場しました。値段は各200円(税抜)です。

写真上からブラウンとブルーブラック 0.3mm

 ボール経は0.3mm・0.4mm・0.5mmの3種類。手帳には0.3mmや0.4mmなどの細いペン先のほうが、細かい文字もしっかり書けます。「エナージェル クレナ」には「エナージェル」というゲルインキが使われています。滑らかな書き心地で、濃くはっきりとした筆跡が特徴です。速乾性にも優れているので手帳との相性も抜群。

クリーム色の手帳と相性◎

 ブルーブラックやブラウンの筆跡は、色味が濃過ぎないので淡いクリーム色のノートや手帳と相性がよく、黒で文字を書くよりも柔らかい印象になります。手帳の雰囲気を変えたいときに使いたい1本です。手紙やビジネスシーンにもぴったり。